行楽シーズンを満喫したい介護士さんに♪おすすめのレジャー記事特集!

お出かけ 2018/10/19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
行楽シーズン到来!お出かけやレジャーを楽しみにしている介護士さんも多いのではないでしょうか?ここでは、介護施設のご利用者さんと一緒に楽しめるイベントや、オフの日に体験してみたいレジャーについて書いてある記事を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)イモホリマシタ。(特養上吉野)


社会福祉法人上越あたご福祉会
新潟県を中心に多様な福祉サービスを展開している『社会福祉法人 上越あたご福祉会』
こちらの法人では、地域のお年寄りや障がいを持つ方々の心豊かな暮らしのサポートに尽力しています。

今回紹介したいのが、こちらの法人のブログの中にある《イモホリマシタ。(特養上吉野)》という記事。
ここでは、特別養護老人ホーム"上吉野愛宕の園"で、利用者さんと介護士さんが一緒になって芋掘りを体験する様子が綴られていましたよ!
記事では、車椅子に乗った利用者さんたちが、芋掘りをするスタッフさんの前で監督役をしており、お互いに和気あいあいと話しながら芋掘りを楽しんでいるのが見て取れます。芋掘りの監督役をつくれば足腰が弱い方も参加できるので、みんな揃って楽しめそうですね!

利用者さんたちは、「いいイモだねぇ」「大きいねぇ」と語り合ったり、掘りたての芋を持って触れてみたりと、それぞれ芋掘り体験を満喫されていたようですよ。

掘る人も見る人もワイワイ楽しめる芋掘り体験。ぜひ秋のイベントとして取り入れてみては?
宝さがしゲーム感覚で芋掘りをした後は、お芋パーティーで舌鼓☆といった芋づくしな1日を企画しても面白そうですね♪

また、他にもブログには、「ぶどう狩り」「敬老会」「ハーバリウム教室」など、各施設で催したイベントのレポートがたくさん掲載されています。
くまなく目を通して、利用者さんを喜ばせる催しの参考にしてみてはいかがでしょう?

【参照元】
http://www.joetsu-atago.or.jp/11124/

(2)秋の恒例行事!りんご狩りへ♪


介護付有料老人ホームウッディタウン高崎南
『介護付有料老人ホームウッディタウン高崎南』のブログに、秋の訪れを感じる体験記が綴られていたのでご紹介!
《秋の恒例行事!りんご狩りへ♪》という記事に、"介護付有料老人ホームウッディタウン高崎南"の利用者さんが"りんご狩り"をした時の様子が書かれています。

こちらのホームでは、毎年秋の恒例行事としてりんご狩りに出かけているそうです。
この日は天気も晴れ晴れとしていて、絶好のお出かけ日和だったのだとか。

農園の駐車場にはほかにも大型の観光バスが並んでいて、現場の賑やかさが伺えます。
到着したみなさんはりんご狩りの前に食事をいただいたということですが、その食事がなんとも豪華なのです!

テーブルにあるのは、ズラリと並んだ松茸料理!

利用者さんは「こんなに沢山」と食べきれるのか不安な様子でしたが、ペロリと完食したのだと言います。

お腹を満たした後はメインのりんご狩りへ。
木には、丸々とした真っ赤なりんごがたくさん実っています。

秋晴れの空の下、もぎたてりんごを舌鼓する利用者さん。りんごは密がたっぷりで、食事をした後でもデザート感覚でりんごを満喫したようです。

写真も合わせて、秋の体験記をお楽しみくださいね!

【参照元】
https://woodytown.jp/4017/

(3)干し柿つくりしてみました。すぃーとハンズ嵯峨野


株式会社キャビック
株式会社キャビックは、京都を拠点に居宅介護や訪問介護、通所介護など広範囲に渡って介護事業を展開している企業です。
運営するサイト『株式会社キャビック』に開設されている「すぃーとハンズのブログ」では、介護現場の様子を垣間見れるリアルな内容を随時更新しています。
その施設ブログから、今回のテーマにピッタリの記事を発見しました!

記事のタイトルは、《干し柿つくりしてみました。すぃーとハンズ嵯峨野》
施設で楽しげに干し柿づくりをする利用者さんの様子が綴られています。

使用した渋柿は、近所の路上野菜販売所で購入したもので、利用者さんたちは「柿を磨く人」「皮を剥く人」「吊るす人」など役割分担し、それぞれの経験をもとに作業されたとのこと。
そして、あっという間に吊るし柿が完成したそうですよ。
こういった秋の果物を使って冬支度をするという、季節の移り変わりを感じられるレクリエーションも楽しそうですね♪
記事からは、利用者さんのさまざまな反応が読み取れるので、実際に施設で取り入れた場合の参考になるのではないでしょうか。

その他にも、「すぃーとハンズのブログ」には各施設の出来事やイベントレポートなどが多数アップされています。
他施設の取り組みをチェックすることで、自身の介護現場で活かせる情報をゲットできるかもしれませんよ。

【参照元】
http://www.cabikcare.jp/blog/干し柿つくりしてみました。すぃーとハンズ嵯峨

(4)【紅葉の関西情報2018】穴場や名所は?紅葉の見頃は?


熊野古道と神社めぐりとパワースポットの旅
『熊野古道と神社めぐりとパワースポットの旅』は、紀伊半島南部に位置する熊野の地域をこよなく愛する中山美穂さんが、熊野古道の歩き方や熊野の神社・仏閣をまとめているブログです。

今回その中から注目したのが、《【紅葉の関西情報2018】穴場や名所は?紅葉の見頃は?》という記事。
ここでは、中山美穂さんがチョイスした和歌山県内の紅葉の名所が紹介されていました。

紅葉の名所としてピックアップされていたのは、仏教の聖地として有名な「高野山」と、由緒正しい穴場紅葉スポットの「丹生都比売神社」。
記事ではそれぞれの歴史とおすすめする理由が語られています。

またさらに、「高野山」と「丹生都比売神社」の近くにあるイチオシの温泉が紹介されているのも嬉しいところ♪
ぜひ記事を参考にして、紅葉を楽しみながら、パワースポットと温泉で身も心もスッキリ浄化する、癒やしの1日を過ごしてみてはいかがでしょう?

その他、ブログの中には熊野エリアの魅力スポットや体験レポートがたくさん掲載されています!
パワースポット好き必見の情報が満載なので、心惹かれる介護士さんはサイト全体をチェックしてみてくださいね☆

【参照元】
https://kumano-fan.com/niutuhime-autumn-809

(5)梅田の中心で陶芸体験してきた話@九里房


つっつんブログ
大阪で美容師として活躍しながら『つっつんブログ』
というブログを運営しているつっつんさん。
ブログには、ユーモアを交えながら、自身が体験した国内・海外旅行のことなどが綴られているほか、ヘアケアをはじめとした美容師ならではの記事もアップされていますよ。
その中で今回注目したのがこちらの記事《まさかこんなところで!?梅田の中心で陶芸体験してきた話@九里房》

筆者のつっつんさんは、デートの際、"陶芸体験"プランを立てました。
当日向かったのは、大阪駅から徒歩5分ほどの場所にあるという"梅田の陶芸教室九里房"。デートを企画した目的は、自宅で使う器を作ることだそうです!

陶芸教室のシステムは"手びねり"か"電動ろくろ"の2通りからなり、つっつんさんは電動ろくろを選択。
陶芸の先生から優しくサポートしてもらいながら、お茶碗と小鉢が出来上がったそうですよ。
気になる完成品は添付されている写真で見てみてくださいね!

ろくろを回し、形を作った後の色塗りや焼き上げ工程は教室の先生にお任せ。
2~3ヵ月後には仕上がるそうで、さらなる完成品を見る楽しみが増えますね。

食べ物が美味しい秋シーズン、食欲をさらに掻き立てるアイテムとして手作り皿を作ってみてはいかがでしょう?
つっつんさんのように、大切な人と楽しみを共有し合いながら体験するのも良いですね。
介護施設として利用する際は、出張陶芸教室について調べてみてはいかがでしょう?

【参照元】
http://tsutsumi-223.hatenablog.com/entry/2017/03/09/214850

(6)「ビワイチ」走ってきた!琵琶湖一周200kmサイクリング


自転車初心者輪行計画
『自転車初心者輪行計画』は、旅行好きだというtakeさんが、ロードバイクで各地を輪行する様子を綴っているブログ。
ブログには、サイクリングレポート以外にも、自転車グッズやウェアなどサイクリングにまつわる記事が豊富に掲載されています。

どれも見応えのある記事ばかりですが、その中から今回は《「ビワイチ」走ってきた!自転車で琵琶湖一周200kmサイクリング》を紹介しましょう。

記事によると、この日takeさんは兼ねてから輪行の目標の1つとしていた「ビワイチ」に挑戦しました。
「ビワイチ」とは、琵琶湖を自転車で一周するサイクリングコース。
その距離はなんと200kmにも及ぶため、サイクリング初心者には少々ハードルが高いように感じます。
ただ、takeさん曰く、琵琶湖畔はアップダウンが少なく、道に迷う心配もないとのこと。
実際に、かなり快適にサイクリングを楽しんだそうですよ!

takeさんが「ビワイチ」のスタート地点に選んだのは、石山駅近くにある瀬田の唐橋。
ここからさざなみ街道を走り、名物のサラダパンを頬張りつつ、立ち寄りたかったというマキノのメタセコイヤ並木の景色を堪能したそうです。
この旅は2日間かけて走破されたようで、記事にはtakeさんが見た景色の画像を添えて感想も述べられています。
これからサイクリングに挑戦してみたいという介護士さんは、ここで紹介した本文とその他の記事にも目を通して、万全に備えた上でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://train-cycling.com/biwaichi

(7)宝剣岳・木曽駒ヶ岳 馬の背・濃ヶ池コース


いちのトレッキングブログ
「トレッキングに興味があるけど何からはじめたらいいのかわからない」
という介護士さんは、《駒ヶ岳ロープウェイで行く!宝剣岳・木曽駒ヶ岳 馬の背・濃ヶ池コース》を参考にしてみてはいかがでしょう。
こちらの記事では、初心者のアルプスデビューに最適な山と登山ルートの周り方について紹介されています。

筆者のいちさんがオススメする山は、「木曽駒ケ岳」。
360度の大パノラマを眺望できますが、登山口がある千畳敷駅からの標高差はそれほどないため、初心者にも登りやすい山なんだそうです。
この日、いちさんは5時始発の駒ヶ岳ロープウェイへ向かうバスに乗り込むため、きっぷ売り場に向かいました。
しかし、連日の天候不良でハイカーが殺到したようで、かなりの行列ができていたようです。
そんな混雑を切り抜け、ようやくたどり着いた千畳敷カールは天候もよく、登山日和だったのだとか。
そこから一歩一歩踏みしめ、登頂したときには北アルプスの山々を一望することができたそうです。
その美しい景色を見たいちさんは、なぜ「木曽駒ケ岳」が人気高いのか納得したと語っています。

記事には、いちさんが実際に歩いた場所の写真と共に、見どころや心情までもがしっかりと綴られています。
どんな山でどんな心構えが必要なのかを詳しく知りたい方は、トレッキングレポートをくまなくチェックしてみてくださいね。

今回紹介した記事は、いちさんが運営する『いちのトレッキングブログ』の中のほんの一部。
ブログには有名な山だけでなく、登りやすい里山に登った記録も掲載されているので、併せて目を通してみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://ichi-trekking.com/houken-umanose-nohgaike/

(8)まるこ愉快な仲間たち六甲全山縦走コース制覇にチャレンジ第4弾


チームまるこノルディックウォーキング
『チームまるこノルディックウォーキング』からは、《【六甲全山縦走4レポ】まるこ愉快な仲間たち六甲全山縦走コース制覇にチャレンジ第4弾》という記事をご紹介しましょう。

ここでは、昭和40年代・50年代生まれで結成されたノルディックウォーキングチームの"チームまるこNW"で、六甲全山縦走コース制覇にチャレンジした様子が綴られています。
記事によると、その日の天気は予報が外れ、雲が多い1日に…。さらには、かなり寒かったとのこと。
しかし、途中で見晴らしの良いスポットに立ち寄ったり紅葉を愛でたり、チームで楽しみつつ山頂を目指したそうですよ。

そして、お昼時には"ヤマメシタイム"を敢行!
こちらはまた別記事でしっかり紹介されていますが、メニューはポトフにチーズフォンデュに豚まんバウルーに…、この熱々の食事がこれまでの疲れと寒さを解消してくれそうですね。
この"ヤマメシタイム"も山歩きの醍醐味なのではないでしょうか。
充実した1日を過ごした筆者は、山の魅力を再認識したようです。
今回、チームが実際に周ったルートや感想などは、本文のレポートで確認できますよ。

その他、ブログにはチームで活動した様子やイベントレポートなどの記事も掲載中。
アクティブ派の介護士さんは、ぜひアクセスしてみてくださいね。

【参照元】
http://marco-nw.org/【六甲全山縦走4レポ】まるこ愉快な仲間たち六甲/

(9)カヤック初体験! 比謝川をまったり遊覧


kojaの沖縄実体験旅ブログ
『kojaの沖縄『実体験』旅ブログ』は、沖縄県在住のkojaさんが、沖縄のおいしいもの、観光スポット、イベントなど沖縄の魅力を綴っているブログ。
知る人ぞ知る沖縄情報がたっぷり詰まっているので、沖縄にお出かけする予定がある介護士さんはチェックしてみてくださいね!

さて、その中から今回のテーマにピッタリな内容として注目したのがこちら、《カヤック初体験! 比謝川をまったり遊覧》

県内の嘉手納町を流れる比謝川では、壮大な自然が広がる中でカヤック体験を楽しめるのだそうです!
記事の中では、kojaさんが比謝川で初めてカヤックに乗った体験をレポートしてくれています。

kojaさんはカヤックの感想として「風が超気持ちいい!」とコメント。超おすすめと太鼓判を押しており、非常に楽しめたことが伝わってきます。

そして、カヤック中にはインストラクターの方がカヤックに乗りながら比謝川のこと、嘉手納町のことなど現地情報を教えてくれるそう。
比謝川のコースの中腹にあるガジュマルの木。その場所では、レジャーに参加した子どもたちが沖縄の精霊"キジムナー"を見ることあるのだそうです。
キジムナーに会えるかもしれないドキドキ感も、カヤックの楽しみの一つになりそうですね♪

自然に触れ合う秋レジャーをお探しの方は、ぜひ比謝川でのカヤック体験を検討してみては?

【参照元】
http://kojatabi.xyz/2016/11/03/post-625/

関連ジャンル: お出かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧