介護士さんも始めてみよう!老若男女楽しめる園芸特集

エンタメ 2018/09/19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP
育てる楽しさや成長の喜び、収穫時の達成感、食べる満足感など、園芸を始めることで多様な喜びを感じることができます。介護施設でのレクレーションなど、活動の一部に取り入れている施設も。職場で園芸体験に触れたことのある介護士さんもいるかもしれません。記事の中で、自分に合った植物選びや育て方について知り、園芸生活をスタートさせてみてはいかがでしょう?


(1)ツルウメモドキ(蔓梅擬)の育て方|花言葉や盆栽、実について


inakasensei
作物や植物に関する困りごと、田舎暮らしの悩みなどを解決に導いてくれるブログ『おしえて!田舎センセイ!』。今回は、ブログの中の《ツルウメモドキ(蔓梅擬)の育て方|花言葉・盆栽の育て方・実は食べられる?》という記事に注目してみましょう!

筆者、田舎センセイ ムーさんは"ツルウメモドキ"という植物について語ってくれています。
たくさんの赤い実を付けるツルウメモドキは、その美しさから庭木として人気の高い植物なのだとか。リースや盆栽、生け花など多様に楽しむこともできるそうですよ。
観賞用として、創作アイテムとしても活用できるというツルウメモドキですが、食べることもできるのだと言います!
完熟した実は、甘みがあって美味しいそうですよ。まさに万能植物!盆栽や庭木としても比較的育てやすく、園芸初心者でもピッタリの植物だと言えますね。

ツルウメモドキは、水はけの良い土であれば特にこだわる必要はなく、水やりは表面が乾いてからたっぷりあげると良いのだそう。
また、直射日光を避けた日当たりの良いところで育てるのがポイントだと言います。
気軽に園芸を楽しみたいという介護士さんは、ツルウメモドキから挑戦すると良さそうですね。
記事では、育て方の詳細について詳しく教えてくれているので、そちらもお見逃しなく!
田舎センセイ ムーさんは、病害虫の防除方法や雑草、除草剤の特性、おすすめの農機具など、熱心に研究されています。
研究から得たノウハウを細かに発信されているので、一度アクセスしてみてくださいね!

【参照元】
https://inakasensei.com/tsuruumemodoki



(2)ベランダにはフェルトプランター。おしゃれで土汚れの心配なし


okaimonoto
ガーデニングに興味があるものの、集合住宅住まいで植物の栽培スペースが十分に確保できないという介護士さんは、こちらの記事《ベランダガーデニングはフェルトプランターでおしゃれに。土汚れもう気にしない!》を読んでみてください。

通販や資産運用が趣味だという秋沢もかさんが、省スペースでもガーデニングが楽しめるアイテムを紹介してくれています。
秋沢さんは賃貸マンションに住んでいますが、トマトやハーブの栽培がしたくなり、インターネットでプランターを検索。
そこで目に止まったのが、フェルトでできたプランターでした。
フエルト製のプランターは、水だけを通す材質でできているため、中の土が流れ出しにくいうえに水はけがよく、鉢底ネットも鉢底石も不要なのがポイント。
しかも、使わなくなったら折り畳んで保管できるので、ベランダガーデニングが気軽に始められるのだそうです。
早速このプランターを購入した秋沢さんは、プチトマトを育てたり、ハーブの寄せ植えを楽しんだりしているとのことですが、見た目もおしゃれで、ベランダに違和感なく馴染んでいるようですよ。
育てたい植物がある方は、ぜひ注目してみてはいかがでしょう?

また、今回はガーデニングに関する記事をピックアップしましたが、秋沢さんのブログ『家計とお買いモノと。』には、ネットショッピング攻略法や節約術をはじめ、育児、グルメなど、多彩なジャンルの記事が掲載されています。
専業主婦目線で暮らしに役立つ情報が網羅されているので、他の記事も併せて読んでみてくださいね!

【参照元】
http://www.okaimonoto.com/entry/2015/06/17/053000



(3)庭は性格を映す鏡 ‐ 多肉の新芽も断捨離魂?


skog-web
ハンドメイド作品が好きだという元ギャラリーのオーナーが綴る『skog BLOG 』
その中には、植物のお手入れに関する記事がありました。
こちらの《庭は性格を映す鏡 ‐ 多肉の新芽も断捨離魂?》という記事です。
この記事の筆者は多肉植物とゼラニウムを育てており、増えてくるとピンチ(摘芯)をしてボリュームを整えていました。
ところが、切り取った新芽を捨てるのは忍びなく、ついつい土に挿し芽をしていたところ、庭や鉢は多肉植物とゼラニウムでいっぱいになってしまったそうです。

何かを残す際には別の何かを捨てなければならないことは、日々の生活ではよくあることですが、ガーデニングでも同様のことがいえそうですね。
筆者も自分の思い切りの悪さが、庭や鉢の乱れにつながっていると反省したそうですが、きれいに咲いているゼラニウムの花を見ると、ハサミを入れることに躊躇してしまうのだとか。

多肉植物やゼラニウムは過酷な気象条件でも育てやすく、ガーデニング初心者には人気があります。
介護士さんの中にも栽培をしている方がいるかもしれませんね。
しかし、増えすぎてしまうと管理がしづらくなります。
そのため、上記の記事を参考にして、ときには思い切った断捨離をすることも意識しておきましょう。

【参照元】
https://skog-web.com/gardening-list/mygarden/23131.html



(4)【家庭菜園】玉ねぎが収穫間近?&〇〇を土に植えてみました!


rosebeige
『ローズベージュの風に吹かれて』は、旦那さんとお子さん3人の5人家族で暮らしている主婦、ロコさんのブログ。
こちらのブログは主に、マイホーム建設の体験談が綴られており、契約の経緯や家づくりの過程といった内容が発信されています。

その中には、ロコさんは自身が行っている家庭菜園やガーデニングのことも書かれていました!
そこで今回、気になる記事としてピックアップしたのがこちら、《【家庭菜園】玉ねぎが収穫間近?&〇〇を土に植えてみました!》

ここでは、ロコさんが育てているお野菜や果物の様子が語られています。
・ブロッコリー
・玉ねぎ
・ニラ
・イチゴ
上記4つの菜園写真が添付されており、どれも葉が青々として元気いっぱいに育っているのが見て取れます。

また、記事の中で特に注目したのが"豆苗"の話。
ロコさんは1度使った豆苗を水につけて再生させる方法にチャレンジしており、2度目までは再生して元気な豆苗を収穫できたのだそう。
しかし、3回目になると成長しなかったため、とうとう最後はプランターに植えてみることに!

さらに旦那さんが調べたところ、豆苗のプランター育成が上手くいけば、サヤエンドウやグリーンピースを採れることが発覚したのだとか。
果たして豆苗はどうなるのでしょうか…?
気になる方は、その後の記事をチェックしてみてくださいね!

ロコさんの園芸日記を見ていると、植物が育っていく面白さ、収穫する喜び、想定外の難しさ…など、園芸の醍醐味を垣間見ることができます。
ぜひスキマ時間に、目を通してみてはいかがでしょう?

【参照元】
http://www.rosebeige.com/archives/【家庭菜園】玉ねぎが収穫間近?&〇〇を土に植.html

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧