川涼みに行きたい介護士さん必見!川の遊び方や注意事項が書かれた記事をご紹介♪

お出かけ 2018/07/25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
river_top
冷たい水の流れる川は、涼を求めるのに最適なスポット。また、場所によってはさまざまなアクティビティの体験もできるので、夏のお出かけ先として人気があります。ただし、自然の中で遊ぶためには気を付けなければならないことも…。そこで今回は、楽しく、そして安全に川遊びをするための参考記事をご紹介します。

(1)吉野川カヌーツーリング


miemoenaturum
四国に在住し、四国の川をこよなく愛するピノコさんのブログ『野遊び大好き!四国の川とキャンプ!+ハイエース!』
こちらには、川遊びを思い切り楽しんでいる記事がたくさんアップされています。

そんな数ある川遊びレポートの中から紹介したいのは、《吉野川カヌーツーリング》の記事!
ピノコさん一家が、四国の川のアクティビティをガイドしてくれる"四国の案内人Trip"さんのツアーを利用し、カヌーツーリングをしたときのことが書かれています。

今回、カヌーツーリングの舞台になったのは、徳島県を西から東に流れる吉野川。
ピノコさんが「涙が出るほどきれい」と絶賛する貞光川の本流であり、川の写真を見ても底が見えるほど美しく、透明であることが窺えます。
そして記事には、ピノコさん家族が川下りをする微笑ましい写真がズラリ!
家族全員がイキイキと川を楽しんでいるのが伝わってきますよ♪
人が立ち入れない領域に踏み込み、自然の壮大さと美しさを直で感じられるのは、カヌーならではの大きな魅力です。

「川の上で自由に動いて探検する」そんな非日常を味わいたい方は、記事を参考にして、カヌーツーリングを体験してみてはいかがでしょう?
今まで見たことのない、素晴らしい景色に出会えるはずですよ。

【参照元】
http://miemoe.naturum.ne.jp/e2437094.html

\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)



(2)初めてでも絶対楽しい!夏の遊びは長瀞ラフティングできまり!!


40-game-life
暑い季節になると、涼を求めて川や海といった水辺に行きたくなりますよね。
水の流れに身を任せてみたり、プカプカ浮いてみたりと、そこでの過ごし方は人それぞれだと思います。
しかし、「たまには違ったことをしてみたい!」という方もいるのではないでしょうか?
そんなときは、川でできるアクティビティの一つ、ラフティングに挑戦してみるのも良いかもしれませんよ!

そこで今回は、ブログ『アラフォー過ぎてもゲームは楽しい。』の中にある、《初めてでも絶対楽しい!夏の遊びは長瀞ラフティングできまり!!》という記事を紹介したいと思います。
ここでは、筆者であるいかベーダーさんが奥さまと2人で、初めてラフティングを行ったときのことが綴られていました。

まずラフティングを始めるにあたっては、安全指導とレクチャーがあるのだそう。
初心者の方でもしっかりと指導を受けることで、安心してラフティングを満喫できます。
安全指導やレクチャーが終われば、いよいよラフティングのスタート!
水しぶきを浴びたり、衝撃を受けたりと、さまざまなスリルを味わうことができるのだとか。
ラフティングもガイドさんも面白く、いかベーダーさんはとても楽しい時間を過ごせたそうです♪

ちなみに、彼が今回選んだラフティング会社では、ラフティングサーフィンもできるとのこと。
こちらは長瀞にあるラフティング会社の中でも3社しかできない遊びなので、体験してみたい方はぜひ記事を熟読してみてくださいね。

【参照元】
https://www.40-game-life.com/entry/2017/06/03/153518

(3)6月最後の晴れかな??ツアーだぁパォーン☆彡


gogo-adventure
夏の川遊びの中でも人気が高いのがラフティング。
ラフティングとは、複数人数(通常ガイド1名その他7名の計8名)でゴムボートに乗り込み、大自然の激流を乗り越えていくアウトドアアクティビティです。
川の冷たい水しぶきを浴びながら、仲間とスリルを味わうことができるので、盛り上がること間違いなし!

そんなラフティングの楽しい様子を垣間見ることができるのが、こちらの記事《6月最後の晴れかな??ツアーだぁパォーン☆彡》
記事には、ラフティングでエキサイティングに激流を下っていく人たちの様子が載っています。
川の激流を体験するということで、安全面に配慮してガイドさんと一緒に乗ることがラフィティングの鉄則ですが、添付された写真はどれも参加された方たちの笑顔であふれています♪
ラフティングに興味のある方は、体験ツアーを提供している会社を調べてみてはいかがでしょう。

上記の記事が掲載されている『Go! Go! ADVENTURE』を運営しているのは、日本ラフティング協会に加盟している四国吉野川ラフティング ㈱ゴーゴーアドベンチャー。
「この夏ラフティングに挑戦してみたい!」という方は、サイト内の情報をチェックすると参考になりますよ!

お問い合わせ先:090-4505-5515
HP:http://www.gogo-adventure.com/

【参照元】
http://www.gogo-adventure.com/raftingblog/2018/06/27/koboke-113/

(4)日本で2番目の清流へようこそ♪阿寺渓谷キャニオニングツアー


abc-jpn
「川遊びを思う存分楽しみたいけど、道具を揃えるのが大変」「川遊びを安全に楽しみたい」、そんな介護士さんの救世主になってくれそうな会社が、長野県飯田市にあるのをご存知ですか?
会社名は、有限会社『アルプスぼうけん組楽部』
伊那谷の大自然を堪能できる、アウトドア・アクティビティのツアーを開催している会社です。
ラフティングやダッキーボート、シャワークライミングといった川遊びが体験できるので、興味のある方はぜひサイトをチェックしてみてくださいね!

サイト内のブログには、《日本で2番目にきれいな川へようこそ♪ 阿寺渓谷キャニオニングツアー》の記事をはしめ、各種のアクティビティを楽しむ方たちの様子が公開されています。
清流に飛び込んだり、滝に打たれたり、天然のウォータースライダーを楽しんだり♪
もう見ているだけでワクワクしてしまいます。

家族や友達と夏の想い出を作りたいという方は必見ですよ!

【参照元】
http://www.abc-jpn.com/blog-entry/43533/

(5)四匹のおっさん・川遊びをする!


hagicombat
『徒然おうどいろ日記』は、アウトドアや温泉などを趣味に持つBARAさんが運営するブログです。
また、旅行記も多く掲載されているので、お出かけ好きの介護士さんはぜひチェックしてみてはいかがでしょう?
訪れたくなるスポットを見つけられるかもしれませんよ!

さて、こちらのブログにも、川遊びに関する記事が掲載されていました。
《四匹のおっさん・川遊びをする!》という記事です。
タイトルを読んだだけでも、思わず笑ってしまいそうになりますね。

上記の記事には、元少年のみなさんが川遊びを満喫している様子が綴られています。
浮き輪に向かってダイブする姿はまさにわんぱく少年そのもの!
みなさん童心にかえって、夢中で川遊びをしていて楽しそうです♪

「最近、全力で遊んでないな…」という介護士さんは、ぜひBARAさんたちのように、川遊びにトライしてみてはいかがでしょう?
幼少時代の自分に負けないくらい、存分に川遊びを楽しめるかもしれませんよ!

【参照元】
http://hagicombat.blogspot.com/2016/08/blog-post_23.html

(6)サワガニの取り方から美味しい食べ方まで徹底解説


kuman-nao
夏に楽しみたいアクティビティといえば川遊び。
暑い日は涼を感じられるスポットで、川魚やカニを捕まえるのも川遊びの醍醐味の一つですよね!

ところで、川でよく見かけるあの"サワガニ"って食べたことありますか?
実は、川で捕った天然のサワガニを調理すると、とても美味しいのだとか。
それについて書かれているのがこちらの《サワガニの取り方から美味しい食べ方まで徹底解説》という記事です。
筆者のNaoさんが実際にサワガニ捕りに出かけ、採取ポイントや調理方法などを伝えてくれています。

どうやらサワガニは水質が綺麗な上流域に生息しており、岩の下などに潜んでいるようです。
ポイントを抑えたNaoさんは、バケツいっぱいにサワガニを捕獲!
それを持ち帰り、調理をする過程を写真付きで紹介しています。
一体、どんな料理になるのか興味がある方は、記事を読んでみてくださいね。

また、Naoさんが運営している『つりくま ~グローバル社会におけるネット・投資・釣り~』には、彼が好な釣りについて書いた記事の他、ネットや仮想通貨など、ビジネスに関連した記事もリリースされています。
ブログ内をくまなくチェックすると、あなたが気になる情報と出会えるかもしれませんよ。

【参照元】
https://kuman-nao.com/2018/05/09/post-11477/

(7)川遊びの道具を手作りしてみよう!パーフェクトガイド


torendoja-naru
小さい頃、川遊び用の道具を親御さんと一緒に作って川遊びに出かけていたという猪口和矢さん。
彼の中には、いくつになってもその思い出が残っているのだそうです。
そして自身が親となった今、今度はお子さんと一緒に川遊び用の道具を作り、自身が運営するブログ『トレンドジャーナリスト』の中の《川遊びの道具を手作りしてみよう!パーフェクトガイド》という記事に、その作り方をまとめています。

記事で紹介されているのは、箱メガネ、魚の仕掛け、笹舟の作り方。
たとえば、箱メガネの場合は、ペットボトルとラップ、カッター、輪ゴム、ビニールテープの5点を準備すれば、作成手順は至って簡単とのことです。
ペットボトルを切ったらラップを被せて輪ゴムで固定し、最後にビニールテープを巻きつければ完成。
誰でも手軽に作れるので、すぐにでも作ってみたくなりませんか?
その他のアイテムについても、画像を添付して、作成ポイントを抑えながら手順を紹介しているので、工作好きの方はお見逃しなく!

「今年は子どもと川遊びに行こう!」と家族サービスを考えている介護士さんは、ぜひお出かけ前に記事をチェックしてみてはいかがでしょう。
一緒に道具を手作りすることで、より一層お子さまとの思い出が深まりそうですよ。

また、今回紹介した記事以外にも、ブログにはお出かけ関係や生活の豆知識として役立つ情報が載っています。
ぜひ、他の記事も読んでみてくださいね。

【参照元】
http://torendoja-naru.xyz/2017/06/01/post-588/

(8)夏だ!川だ!水遊びだ!子どもと川遊び、何を用意すればいい?


zubora-mom
お子さんと川遊びに出かける予定がある介護士さんに読んでほしいのが、《夏だ!川だ!水遊びだ!子どもと川遊び、何を用意すればいい?》という記事!
3人のお子さんを持つ、筆者のずぼらママさんが、親子揃って安全に川遊びを楽しむためのポイントを書いてくれています。

その中でも、ずぼらママさんが川遊びの必須アイテムとして挙げているのが、ライフベスト。
川の危険性に触れ、ライフベストを体にフィットさせる重要性を語っています。
どんなに楽しい川遊びも一歩間違えば、大事故に繋がります。
大切な子どもたちのことを考えて、きちんと準備しておいた方が良さそうですね。
また、記事の中では、おすすめの川遊び道具と、邪魔になりそうな川遊び道具も紹介されています。
快適に親子で川遊びを満喫するためにも、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

この記事が掲載されているずぼらママさんのブログ『ママはずぼら』には、ファミリーキャンプや子育てネタ、日々の日記など、豊富ジャンルの記事がエントリーしています。
特にアウトドア系の記事が満載なので、アクセスするとお出かけをもっと有意義に楽しむ情報をゲットできるかも☆
サイト全体を覗いて、心惹かれる記事を探してみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://www.zubora-mom.com/entry/kawaasobi/17-7

(9)子供との川遊びが楽しめる♪必要な持ち物や遊び方、注意点まとめ


mainichi-rainbow
夏は川遊び、春と秋はカヌー、冬はスノボと、四季に合わせた遊びを楽しむりっこさんのブログ『まいにちRAINBOW』には、お出かけや四季のイベント料理、子育てについて書かれた記事がリリースされています。
仕事と子育てを両立する彼女は、慌ただしい生活の中でも、日常の気づきをブログを通して発信。
子育て中の介護士さんは、アクセスすると生活でのお役立ち情報を得られるかもしれませんよ!

りっこさんが執筆している記事の中には、今回のテーマにピッタリの内容もありました。
こちらの記事《これで子供との川遊びは楽しめる♪必要な持ち物から遊び方、注意点まとめ》です。
りっこさんは毎年夏になると、お子さんと一緒に川遊びを楽しんでいるとのことですが、川遊びに行くなら"最低限必要なもの"と"あったらいいもの"を準備しておくと助かるそうです。
そして、"最低限必要なもの"の中でも特に忘れず持参したいのが"救急セット"だとりっこさんは言います。
プールのように整備されていない川には、ガラスの破片をはじめ、危険なものが落ちている可能性も。
急なトラブルに対応できるように準備をしておくことが、川遊びを楽しむための秘訣のようですよ。
また、川は浅くても水流の勢いによっては流される心配もあるため、小さなお子さんにはパドルジャンパー着用することをおすすめされています。

オフの日に家族で川遊びに出かける予定のある介護士さんは、一度記事全体に目を通してみてくださいね!

【参照元】
https://mainichi-rainbow.com/kids-river

(10)夏だ!川遊びだ!大切な人の身を守る道具のご紹介!


akaoniaooni
『赤鬼と青鬼』は、見るからに美味しそうな食事のレシピや、生活に役立つ知恵など、気になる情報がぎゅっと詰まったブログです。
今回は、その中から川遊びをする前に必ず目を通してほしい記事をピックアップしました。

川は自然が作りだした天然のプールで、涼を求めるのには絶好の場所。
ただし、人工のプールと違って自然が相手なので、万が一の場合も考慮しておかなければいけません。
そのため、大切な人の身を守るためには、それなりの道具を揃えておくほうが安心です。
こちらの記事《夏だ!川遊びだ!大切な人の身を守る道具のご紹介!》は、その際の参考になりますよ。

川で身を守るための道具として紹介されているのは、"フローティングベスト"、"マリンシューズ"、"ラッシュガード"、"ウエットスーツ"の4点。
大人用はもちろん、今では子ども用も当たり前に販売されているので、特にお子さんの危険回避のために予め準備しておいた方がよさそうです。
記事には、それぞれの道具がどんな危険からどう守ってくれるのかについてや、実際に道具を購入するときの選び方などが紹介されているので、ぜひ記事をくまなくチェックしてみてくださいね。

川遊びは楽しいものの、一方で危険もあります。
自身と大切な人を守るための対策も忘れないようにしましょう!

【参照元】
http://akaoniaooni.hatenadiary.com/entry/2017/07/19/221935

(11)注意して!水の事故


engawa-office
川遊びを楽しむためには、前提として安全対策が必須条件となります。
悲しい事故を回避するために、事前に知識を得ることが必要でしょう。

《注意して!水の事故》という記事には、川遊びにおける事故を防ぐための内容が綴られています。
記事によると、川には以下のような危険が潜んでいる可能性があるとのこと。

・上から見て流れていないようでも、中はしっかり流れている
・ひざ下の水位でも、体全体が浸かると、あっさり流される
・30cmくらいで流れは全く変わる
・その場に流れがなくても、一歩踏み出せば足を取られる

一見緩やかな流れのように見えても、浸かってみると足を取られるといったことがあるそうです。
川遊びに油断は禁物ですよ!

記事には、万が一の事態に備えて、流されたときの対処法も教えてくれています。
川遊びが夏の楽しい思い出の1ページとなるためにも、事故を起こさないようにしたいものですね!

こちらの川遊びの注意点について書かれた記事は『えんがわオフィス』というブログに載っています。
ブログを運営する株式会社えんがわは、地域映像アーカイブスの企画や制作などを行っており、ブログには地域に密着した温かみある活動を記録。
徳島県近郊にお住まいの介護士さんは、アクセスすると思わぬ情報をキャッチできるかもしれませんよ。

【参照元】
http://engawa-office.com/archives/1962


介護の仕事を始めたいけれど、未経験だから不安…。それならまずは、きらケアに登録してみませんか?きらケアは、介護未経験者もOKな求人案件のご紹介や、就労後のアフターケアも行っている就職支援サービスです。専門のアドバイザーが、あなたのご希望や条件を丁寧にお伺いします。豊富な求人案件の中から、あなたの希望にマッチする職場をご提案。条件交渉や面接調整などのやり取りも代行可能ですので、働きながら転職先をお探しの方にもオススメです。
サービスはすべて無料ですので、お気軽にご登録ください。
https://job.kiracare.jp/

関連ジャンル: お出かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧