加齢に負けない健康づくりの参考に!身体機能の維持や認知症予防に関する記事特集

仕事 2018/01/12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_103469319
歳を重ねるにつれて、身体の自由がきかなくなったり、物忘れが出てきたりとさまざまな症状が現れてきますよね。そこで、身体機能の維持や認知症予防に役立つ記事を集めてみました。高齢者の方だけでなく、介護の現場で活躍する介護士さんにとっても役立つ情報が見つかりますよ!


(1)認知症予防ゲーム


認知症予防ゲーム
ブログ『認知症予防・今日からできる方法』を運営しているのは、以前は父親の介護を、そして現在は認知症の母親の介護を行っている60代の男性。
両親の介護を経験した彼は「こどもたちを巻き込まないためにも、認知症予防に努めよう」と思うようになったといいます。
そんな彼が綴るブログには、認知症予防や健康に関する記事が多数掲載されていますよ!
「今から介護予防を行っていきたい」という方はもちろん、介護現場で働く方々にとっても参考になる情報がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

今回取り上げるのは、《認知症予防ゲーム》という記事。
仲間と盛り上がりながらも、たくさん考え、たくさん手を動かすことのできるゲームは、認知症予防にぴったりなのだそう。
特に、麻雀はその3つの要素をすべて満たしているため、オススメだといいます。

でも、中には「麻雀はちょっと…」という方もいることでしょう。
そんなときは、若いときに熱中していたゲームや、「昔やりたくてもできなかった」遊びにチャレンジしてもらうといいそうですよ!
ゲームを通して、高齢者の方がいきいきとした日々を送れるようになるといいですね♪

【参照元】
https://xn--0kqr07gpnb298a7jn.net/entry10.html



(2)日記やブログを書いて認知症予防をする


日記やブログを書いて認知症予防をする
60代の男性Goyatさんが「老いる」をテーマに、高齢者の本音や生活について綴っているブログ『Old & Gray 生きる』
彼がおすすめする認知症予防は、日記やブログを書くことです。

日記やブログを書く際には、その内容を考え、手を動かしながら文章を綴り、最後には校正作業を行う必要があります。
どの段階も脳に刺激を伝えるものばかり。
そして、その刺激こそが認知症予防につながっていくのだそうです。
「なにかを始めたい」という利用者さんには、日記を書くことを提案してみるといいかもしれませんね!

詳しくは、《日記やブログを書いて認知症予防をする》の記事に書いてあるので、ぜひ読んでみてください。
また、記事には、日記やブログを書くことが苦手な方でも試せる脳トレ法についても記載されていました。
たとえば、ピアノを弾いたり、身体を動かしたり、なにか新しいことを始めたりするのもいいそうですよ!
脳を活性化することで、充実感のある日々を過ごしていけるのではないでしょうか?

【参照元】
https://goyat.info/honne-of-old/66-prevent-ninchisyo



(3)老年症候群とはー老年症候群の症状・特徴・評価・対策についてー


老年症候群とはー老年症候群の症状・特徴・評価・対策についてー
『介護業界で働く理学療法士のブログ』を運営しているのは、高校時代から理学療法士を目指していたという阿部洋輔さん。
病院や訪問看護、デイサービスなどの分野で活躍後、現在は、施設の責任者としてマネジメント業務に携わっている方です。
ブログには、介護職の方の働き方やマネジメントに関することなどについての記事が多く掲載されています。

今回は《老年症候群とはー老年症候群の症状・特徴・評価・対策についてー》の記事に注目してみましょう。
こちらの記事ではまず、老年症候群の症状や特徴について説明されています。
読み進めていくと、老年症候群に当てはまる症状の多さと、予防することの大切さを実感できますね。

また、後半は介護予防について詳しく言及されています。
介護予防は国や地域が中心となり行っているものというイメージがありますが、最近は民間でも介護予防に注力されているのだとか。
たとえば、フィットネスクラブでは、運動の機会を提供することで介護予防に努めているようです。
介護予防事業に参入してくる企業は、今後ますます増えてくるかもしれませんね。

さらに詳しい内容を知りたい方は、ぜひ記事に目を通してみてください!

【参照元】
https://abe-yousuke.net/geriatric-syndrome/



(4)ボケ防止にデュアルタスク~MCIのための認知機能回復運動


ボケ防止にデュアルタスク~MCIのための認知機能回復運動
『ナースほど誇れる仕事はありません』は、看護師さんの仕事の悩みをはじめ、健康に関する情報や日々の日記などが掲載されているブログ。
その中から、介護予防の記事として注目したのが《ボケ防止にデュアルタスク~MCIのための認知機能回復運動》です。
筆者のレディ・ジョーンズさんが、認知症とMCI(認知症予備軍)はどんな症状なのか?という説明に加え、認知症予防に最適な運動を紹介してくれています。

記憶力を回復させる運動として挙げられているのが、2つの課題を同時に行うデュアルタスク。
デュアルタスクでは、身体と脳の双方に負担を与えることが大切なのだそう。
そこで、歩きながら引き算・踏み台を使ったしりとりなど、みんなが気軽にできるデュアルタスクが紹介されています。
利用者さんの脳トレとして、ぜひ日々のレクリエーションに導入してみてはいかがでしょう?

また、脳の活性化に繋げるには、みんなで笑って励まし合いながら運動を楽しむのも大切なのだそう。
利用者さんによりよい影響を与えるために、チーム形式の競争にするなど、みんなが団結できる要素をプラスするといいかもしれません。

【参照元】
http://www.nurse-diaries.com/entry/mci



(5)高齢者の片付けは認知症予防にも!


高齢者の片付けは認知症予防にも!
『片付けブログ』は、広島で整理や収納の代行サービスを展開している"有限会社プレエミナン"の"おひさまサービス"のブログです。
"おひさまサービス"は、高齢者の方から自宅の片付けを依頼されることもあるそうで、そのときのエピソードを綴った《高齢者の片付けは認知症予防にも!》という記事には、とても興味深いことが書かれていました。

近年、認知症予防の一つとして回想療法が注目をされていますが、なんと自宅の片付けにもその効果が期待できるのだとか!
特に昔の写真整理は、古い記憶を掘り起こし、自分の歴史を振り返ることになるので、効果があるのだそうです。

認知症は発症すると根治治療は難しく、予防がなにより大事。
とはいえ、「なにから始めたらいいのかわからない」という方も多いことでしょう。
この方法は、介護の現場でも取り入れられそうなので、ぜひ介護士さんもケアの参考にしてみてくださいね!

【参照元】
http://ohisama123.com/高齢者の片付けは認知症予防にも!/



(6)認知症予防に効果的な現代の食事のとり方とは?


認知症予防に効果的な現代の食事のとり方とは?
「食事の仕方に気を配るだけでも認知症予防の効果はある!」と語るのは、管理栄養士の天藤陽さん。
彼は自身が運営している『40代から健康長寿で人生を楽しむためのブログ』の中に、そのことについて言及した記事《認知症予防に効果的な現代の食事のとり方とは?》をアップされています。

天藤さんよると、食事をするときに左右や前歯側でよく噛むようにすると、消化吸収を助けるだけでなく、脳を刺激し、空間認知能力を高めることができるのだとか。
また、香りを楽しむことは脳トレに繋がると述べられています。

食事は毎日繰返される日常の一コマ。
香りを楽しんだり、よく噛んで料理を味わったりすることは、どなたでもすぐに実践できる認知症予防の取り組みといえそうですね。
年齢を重ねても健康的に暮らせるように、介護施設の利用者さんはもちろん、介護士さん自身もぜひ意識してみてはどうでしょうか。

【参照元】
https://10haru.com/meal4235-2/



(7)シニアフィットネスに筋トレ・ウォーキング・ジョギングなど!


シニアフィットネスに筋トレ・ウォーキング・ジョギングなど!
世界で幅広く活躍するぴろっきーさんは、なんと20年以上もの間筋トレを続けているのだそう。
そんな筋トレに長けた彼が発信するブログ『筋トレぴろっきー《筋肉やトレーニング情報満載ブログ!》』の中から、今回は《高齢者の運動方法おすすめ10選|シニアフィットネスに筋トレ・ウォーキング・ジョギングなどを!》という記事を紹介します。

記事の中では、機器や設備などに頼らずにできるウォーキングやジョギング、インターバル速歩といったものから、機器や設備を使用して行うエアロバイクやクロストレーナー、水中ウォーキングといったものまで幅広く取り上げられていました。
それぞれの運動による効果や負荷に関することなどが運動方法と一緒に添えられていますので、利用者さんの身体機能に合ったものをピンポイントで選択できそうです。
また、運動する際に注意したい点もいくつか挙げられているため、詳しくはぜひ記事を読んで確認してくださいね。

その他にも、ブログには部位ごとの筋トレ方法やグッズの紹介、筋トレによるダイエット方法などさまざまな筋トレに関する情報が満載!
仕事柄、体力をつけたいとお悩みの介護士さんにもぴったりな記事が見つかりそうですよ☆

【参照元】
https://kintorecamp.com/10-recommended-training-aged/



(8)認知症と咀嚼(そしゃく) | 最も身近な脳トレは良くかむこと


認知症と咀嚼(そしゃく) 最も身近な脳トレは良くかむこと
『認知症なんて怖くない』というブログには、認知症に関することや介護施設に関すること、介護保険に関することなどが多数取り上げられています。
その中から、今回のテーマにぴったりな記事《認知症と咀嚼(そしゃく) | 最も身近な脳トレは良くかむこと》を紹介。

記事によると、咀嚼の回数を増やすことは認知症予防に繋がるのだそうです。
また、咀嚼する回数を増やすだけでなく、食事をする際に堅いものを食べたり、姿勢をまっすぐに正したりすることでも、より脳を活性化させることができるのだとか。
認知症予防として脳トレドリルやゲームといったものもありますが、日常生活の中で気軽に行える方法があるのは魅力的ですね。

その他にも、記事の中では咀嚼の回数を増やすことで得られるメリットが複数挙げられています。
一体どんなメリットがあるのかは、隈なく記事をチェックしてみてくださいね!

【参照元】
https://pikkapikka.net/2017/04/nintisosyaku/

関連ジャンル: 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧