体力をつけたい介護士さんにオススメ!ハイキング・登山に関する記事まとめ

お出かけ 2017/11/24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AdobeStock_117789390
今回は、山登りの魅力が伝わってくる登山レポートを集めました。初心者が登山にチャレンジする様子・自然が織りなす絶景を楽しむ様子など、山が恋しくなる記事が勢揃いです!登山の楽しさを知るために、またはお出掛けプランの参考に、ぜひご覧ください。


(1)赤岳銀泉台で日本一早い紅葉を! 親子でトレッキングを楽しもう


赤岳銀泉台で日本一早い紅葉を! 親子でトレッキングを楽しもう
「子どもと一緒に登山を楽しみたい」
そんな思いを抱いている方は、《「赤岳銀泉台」で日本一早い紅葉を!マイカー規制中のアクセス方法や注意点を紹介! 親子でトレッキングを楽しもう!》という記事が参考になりますよ!

赤岳銀泉台は登山口から歩いて30分ほどと時間にすると短く感じられる反面、本格的な登山ができるもよう。
30分であれば、子どもでも無理なく登ることができそうですね。
とはいえ、登り始めたら険しい山道が続きますので、動きやすい服装と寒さ対策の上着をしっかり準備した上で挑む必要があるようです。

今回、お子さんと一緒に赤岳銀泉台に登ったのは、ブログ『しょうラヂオ』を運営するしょうさん。
紅葉が有名だということもありシーズン中に訪れたそうで、緑と紅葉が織りなす光景はまさに絶景とのことです。
その時の写真が記事に掲載されているので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

ブログにはこういった登山に関する記事のほか、しょうさんがおすすめする北海道のスポットや子育てに関する記事などがラインナップしています。
多彩な記事の中から、介護士さんの興味を引く記事が見つかるかもしれませんよ♪

【参照元】
https://hokkaido-child.com/akadake-ginsendai



(2)雨飾山 紅葉登山 (北アルプスと日本海の展望)


雨飾山紅葉登山北アルプスと日本海の展望
登山愛好家の中には、四季折々の絶景を見ることを楽しみにしている人も多いでしょう!
ブログ『今日という日を忘れずに』を運営しているみやっちさんもその1人。
秋には登山を兼ねて山々の紅葉を見に出かけており、ブログ内にその絶景を紹介しています。

例えばこちらの記事《雨飾山 紅葉登山 (北アルプスと日本海の展望)》はその中の1つ。
雑誌も注目するほど紅葉が美しいと評判の雨飾山に登ったときの記録が綴られており、山頂からの景色とともに、山肌を赤・黄色・緑に染める木々の写真も添付されています。
みやっちさん曰く、眼下に広がる紅葉の山脈は飽きのこない美しさで、改めて山登りの楽しさを感じることができたとのこと。

「自然の中でリフレッシュを図りたい!」「雄大な自然と絶景をひと目見たい!」という方は、上記の記事をはじめ、全国の名山が紹介されているみやっちさんのブログをぜひ覗いてみてくださいね!
どの記事にも季節感あふれる美しい山の姿が紹介されているので、登山の魅力を垣間見ることができるのではないでしょうか。

【参照元】
http://bluesky.rash.jp/blog/hiking/amakazariyama.html



(3)鐘撞堂山ハイキング。埼玉県の駅近人気登山コースを歩いてみた。


鐘撞堂山ハイキング。埼玉県の駅近人気登山コースを歩いてみた。
登山は初めてという介護士さんにぜひご紹介したいのが、こちらの《鐘撞堂山ハイキング。埼玉県の駅近人気登山コースを歩いてみた。 [埼玉県寄居町]》
記事には、ブログ『MITCHIE M』の運営者さんが鐘撞堂山へハイキングに出かけた時の様子が綴られています。

その鐘撞堂山の登山口は桜沢駅近くにあり、アクセスしやすいのが魅力。桜沢駅をスタート地点とし、下山後は波久礼駅から電車に乗車できるんだとか。かなり便利な駅チカ登山が実現するコースなんだそうですよ。
また、登山道もキレイに整備されているもよう。そのためか初心者でも登りやすく、とても人気のある登山コースのようです。
実際に、ハイキング当日は平日だったにも関わらず、多くの登山者がいたと語られています。

ただ、登山道が整備されているからと侮ってはいけません。中には急な道も…!そんないくつかのピークを越えることで山歩きの醍醐味を味わえることでしょう。
また登山途中には約510体の五百羅漢と遭遇。観光を楽しみながら、自然を満喫できますね。
まだまだ立ち寄れるスポットがあるようなので、もし鐘撞堂山に出かける場合は、ぜひ記事をチェックしてお出かけください。

その他にも、ブログには体力作りを意識している介護士さんの参考になりそうな登山レポがアップされています。
「次はどこの山にチャレンジしようかな」と迷っている方は、ブログから次の候補を探してみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://mitchie-m.com/blog/trip/mountain/kanetsukidouyama/



(4)高尾山に登山の超初心者が登ってみたよ。


高尾山に登山の超初心者が登ってみたよ。
「自分のペースで登山を楽しみたい」そんな方は、コースによって難易度が変わる高尾山にチャレンジしてみるのはいかがですか?
ブログ『MONOTABI』を運営するモノタビさんは、初めての登山をその高尾山で経験したそう。
その時の記録が《高尾山に登山の超初心者が登ってみたよ。登山コース&10月の服装など。》という記事に書かれていましたので紹介します。

高尾山の難易度は1~4まであり、全7コースの中から自分に合ったものを選択できるようです。
モノタビさんが選んだのは6号路で、登山をしたことがないという方がイメージするような山道を歩けるんだとか。
沢の上を通る小さな橋や沢と一緒になった山道…ちょっと想像するだけで、冒険心がくすぐられそうですね♪
それでいて、本格的な登山の準備もそれほど必要なく気軽に登山ができるのは、初心者の方でも安心できる山道だからだといえるのでしょう。

そして、モノタビさんが帰りのコースに選んだのは1号路。
1号路は自然だけでなく神社や食べ物屋さんがあり、心もお腹も満たされるコースのようです。
モノタビさんのように、行きと帰りで違うコースを選択できるのも高尾山を登る楽しみだといえそうですよ!

【参照元】
https://monotabi.net/?p=3089



(5)秋の登山は三ツ石山から!紅葉ピークに登る「一瞬の彩」


秋の登山は三ツ石山から!紅葉ピークに登る「一瞬の彩」
ブログ『AG LifeBlog 明日はどこ歩こう』内の記事《秋の登山は三ツ石山から!紅葉ピークに登る「一瞬の彩」》には、岩手県にある三ツ石山に登った時の様子が綴られていましたよ!

そこには当時の写真と共に登山の様子を紹介されていますが、記事を見た瞬間に1番最初に目に飛び込んでくるのは、なんとも言えないキレイな朱色の紅葉!
筆者によると、ちょうど紅葉のピークに出かけた時の写真なんだそうです。
ただそのキレイな風景を目にするまでにはなかなか大変な苦労があったようで、記事の写真は雨の中、霧が晴れた一瞬の風景美をとらえた奇跡の1枚なんだとか。
その時は雨によって濃い色と艶が出た紅葉にひとしきり感動したそうです。
下山後に青空が広がるという少し残念な山行にはなったものの、リベンジへの意欲と達成した時の感動が増すとも述べられています。
山登りの醍醐味をうかがい知れるこちらの記事、ぜひキレイな写真と共にお楽しみください♪

また、ブログには登山日記やお出かけ情報といった見応えある記事もアップされているので、こちらも覗いてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
http://mylifeblog.outdoorinfo2016.com/2016/09/30/秋の登山は三ツ石山から!紅葉ピークに登る「ー/



(6)山登り初心者が陣馬山→高尾山縦走に挑戦してみた


山登り初心者が陣馬山→高尾山縦走に挑戦してみた
『Trip Notes -旅のメモ-』は運営者のぽこさんが山行や国内外の旅行記を綴っているブログです。
登山は2014年の秋から始めているそうで、ブログ内にはさまざまな山々に登ったときのエピソードが紹介されています。

そこで今回、数ある山行記事の中から注目したのはこちらの記事、《山登りを初めて一か月に満たない初心者が陣馬山→高尾山縦走に挑戦してみた(1/3)》
ぽこさんは登山初心者だった頃に、陣馬山から高尾山までの尾根を歩く縦走にチャレンジし、そのときの陣馬山から明王峠までの行程を写真付きで記されています。
陣馬山も高尾山も登山やハイキングコースとして人気がありますが、縦走となるとなかなかハード!
しかし、ぽこさんは周りの景色に癒やされながらトレッキングを楽しんだそうですよ。
山が好きな介護士さんは、きっと興味深く読めるのではないでしょうか?

この記事には"明王峠から城山編"や"城山から高尾山編"といった続編もあるので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね!

【参照元】
http://trip-notes.com/trekking/takao-jinba/1017/

関連ジャンル: お出かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧