仕事中の空腹をまぎらわせるためにするとよいこと

エンタメ 2016/10/18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
386_TOP_ハンバーガー食べたい

介護士の仕事は昼食を食べられない時もある?


高齢化社会の日本において、介護を必要としている高齢者は多くいます。その影響で介護施設も数も増えていますが、どこも入居者でいっぱいとなっています。介護施設では介護士が高齢者の介護にあたっていますが、どこも入居している高齢者の数に比べると介護士が足りないところが多いようです。一人の介護士が何名もの高齢者の介護に当たるのも珍しくありません。

このような状況で日々仕事をしている介護士は、きちんとお昼休みを取れるのでしょうか。介護施設の中には、介護に当たっている高齢者と一緒に昼食を取ることも多いようです。介護士がお昼休みを取るため、一時的に高齢者のところを離れた時、もしものことがあるといけないのが理由だと考えられます。また、昼食を取ろうとする前、その介護士が担当していた高齢者に何かあった場合、すぐに駆けつけて対処しなければなりません。そのようなことから、介護士の仕事をしているとゆっくり昼食を食べられない場合もあります。

介護という仕事の性質上致し方ないことなのかもしれませんが、昼食を取ることができなかったら、当然お腹が空いてしまいます。介護は、高齢者を椅子やベッドから移動させたり、抱きかかえたりと体力がいる仕事です。また複数の高齢者を担当することになるので、駆けまわって介助しなければなりません。そのようなことから消費するエネルギーも多く、しっかり食事をとらないと空腹感を感じたまま仕事をすることになります。食事をとれないまま仕事をしなければならなくなったとき、空腹感ををどう紛らわせればいいのでしょうか。

仕事中にお腹が空いたらどう紛らわせば良いの?


介護の仕事が忙しく、昼食を取ることができない場合もあるでしょう。しかし仕事中にお腹が空いてしまうと、それが気になってしまうことも少なくありませんよね。そこで効果的な方法が2つあります。まず飲み物を飲むことで紛らわすことです。食事をしてからある程度の期間が経過するとだんだん血糖値が下がってきます。これによって脳から血糖値を上げるように指令が出て、何か食べたいと体が要求することでお腹が空くのです。そこで飲み物を飲むことで下がった血糖値を上げることで空腹感を抑えることが可能です。スポーツドリンクやジュースなどを軽く飲めば、ある程度血糖値を上げることができるでしょう。またお茶や水は甘い成分が入っていないので、飲んでもそれほど血糖値は上がりません。ですがお腹に飲み物を入れることで紛らわせる効果は得られます。

そして、もうひとつは仕事に集中して上手く紛らわせることです。お腹が空くのは、脳からの伝達を体で感じ取ってしまうからです。しかし、仕事に集中することで、そちらのほうに意識がいくので、お腹が空いたという脳からの伝達を気にしないようにすることができます。仕事をしている時に限らず、他のことに対して意識がある場合、お腹が空いていたことを忘れてしまうのは良くあるでしょう。昼食を取れなくて、仕事中にお腹が空いたと感じた時こそ、より仕事に集中する気持ちを持ちましょう。



介護士の仕事では忙しくて食事を取れないこともありますが、逆にそれだけ多くの高齢者から必要とされているということ。介護はやりがいのある仕事だと言えます。介護派遣の紹介サイトきらケアでは、昼食が取れなくてもしっかりサポートしてくれる職場をたくさん紹介しています。介護士の仕事を探しているのであればきらケアを利用するのが良いでしょう。

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧