友達とシフトがかぶらない、そんなあなたに。素敵なおひとりさま休日の過ごし方

お出かけ 2016/10/18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
375_TOP_一人の休日

1人の休日の楽しみ方は色々


介護職についていると、夜勤や変則的なシフトになることが多く、友人たちと休日がかぶらないということも多々起こります。せっかくの休日なのに一緒に過ごす人がいないからと、家の中でずっと寝ているのはもったいないことです。リフレッシュして明日からまた新たな気持ちで仕事に打ち込むためにも、休日はなんらかの気分転換をすることが望ましいでしょう。では、どのようなことをすれば、1人で充実した休日を過ごせるのでしょうか。

休日の過ごし方には大きく分けて2種類あります。それは家の中で過ごすか外出するかですが、両方とも休みの日をエンジョイできる方法があります。自宅の場合は心身ともにリラックスしながら休息を兼ねることができ、外出するケースは外部から良い刺激を受けることで仕事でためたストレスを減少させる効果があります。


まずは気軽に相談してみる(無料)



自宅で楽しく過ごす方法


自宅でのんびりと過ごすためには、まず趣味を持つことが大切になります。趣味といっても何でも良いわけではなく、体の緊張をほぐすようなものが良いでしょう。例えば、アロマオイルをお風呂に入れて長風呂を楽しんだり、ヒーリングミュージックを聴きながら過ごしたりすれば、ただ寝ているよりも体を癒す効果は何倍にも高まります。

また、仕事をしている間に見ることができなかったテレビ番組や映画を見るのも良いかもしれません。長時間テレビやパソコンの画面の前にいることは逆に体へストレスを与えてしまいますが、適切な休憩時間を随度に取りながら見るのであれば、楽しくも充実した時間を過ごせることでしょう。仕事で疲れているときは無理やり何かをしようとは思わず、受け身になっても良いので自分の好きなことをすることで楽しい休日を送ることができるでしょう。

1人で行っても気にならない場所とは


アクティブに何かをしたいという人は、外に出て自由の空気を体一杯に吸い込むのもとても効果的です。外出先には1人で行きづらい所もあれば、むしろ1人で行った方が良い所もあります。そのような1人で行きたい場所のひとつに美術館や博物館があります。平日の美術館・博物館は比較的空いていることが多いので、団体観光客がよく訪れる午前からお昼の時間帯を除いてはほとんど貸切状態になるということも珍しくありません。自宅以外でこんなに静かで落ち着く場所があったのかと、きっと驚くことでしょう。静かで落ち着いた環境で芸術や歴史と接していれば、まるで異世界に迷い込んだような気分になってリフレッシュできます。また、世の中に対する知識も深まるので、行って損はない場所と言えます。

もっと積極的に行動したいという人は、体験型のワークショップやボランティア活動などに参加するのも楽しい時を過ごせる方法かもしれません。介護の仕事から離れて違う世界を見に行くことで交友関係が広がり、生活にもメリハリが生まれます。

また、ドライブで遠くに出かけて素敵な景色を眺めるのも、1人で過ごす休日には良い選択です。車の運転が苦手であれば、バスツアーもおすすめです。介護士の中にはひとりでバスツアーに出かける女性も多くいます。周りに知り合いが誰もいない環境で開放的になり、リフレッシュされるでしょう。

  ストレス解消ということなら、やはりカラオケです。一人カラオケは今や珍しいことではなく、夜勤明けで一人カラオケに行く介護士もいます。

介護の世界でキラキラと輝きたいあなたは、きらケアメンバーになってみませんか。介護を専門とする派遣会社のきらケアでは、メンバーの1人1人にぴったりと合った仕事を紹介できます。待遇交渉やアフターケアなども充実しているので、初めて介護職につく人でも介護職経験者でも安心感が違います。

関連ジャンル: お出かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧