介護職なら覚えておきたい、歌謡曲!

エンタメ 2016/09/05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
317_TOP_カラオケしてる女性

有名歌手の歌謡曲を知ろう


歌謡曲にはさまざまな定義がありますが、ここでは70歳代以上のご年配の方々に人気のある大衆音楽、という定義で話を進めます。介護が必要で体が思うように動かない人にとって、テレビや音楽はとても大切な娯楽のひとつになります。歌謡曲をラジオやテレビ、あるいはCDやカセットなどで親しんでいる人も多いでしょう。そのため、歌謡曲について話ができると被介護者と距離を縮めるきっかけになるかもしれませんし、介護の途中に好きな曲をかけることによってリラックスさせてあげることにも繋がります。

しかし、若い世代の方は、なかなか歌謡曲に親しみがないことも多いですよね。入門編として、テレビでよく見かける歌手から聞いてみることをおすすめします。和田アキ子さんや堺正章さん、西田敏行さんはバラエティー番組やドラマでも人気者で、若い方にも親しみがわきやすいでしょう。ヒット曲も多いので、ベスト盤を聴いてみると『この曲知ってる!』となる曲も多くあるはずです。まずは、このようにタレントとして親しみやすい人の曲から掘り下げてみてはいかがでしょうか。


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)



新旧の歌謡曲を覚えよう


また、歌手は知らなくても歌は知っている、というパターンも歌謡曲には多いはず。『月がとっても青いから』、『上を向いて歩こう』、『お富さん』などの名曲も今では簡単に動画サイトで聴けるので、ぜひチェックしてみてください。

一方で、高齢者が聴くのは懐かしいヒット曲ばかりではありません。最近の演歌のタイトルも押さえておきたいところです。とはいえ、演歌を普段聴かない人にとっては、何から聴いていいのかさっぱり分からないかもしれません。そのような人は、氷川きよしさんやジェロさんといった比較的若くて若者の間でも人気のある歌手から聴いてみるといいでしょう。曲調や歌声も、若い人でもすんなり入ってくる楽曲が多いため聴きやすいです。特に氷川きよしさんは年配のファンも多くいるので、女性の被介護者さんとは話が合うこともあるでしょう。

若者に人気の歌謡曲で話題づくり


逆に、若者の中で人気のある歌謡曲歌手や、演歌歌手を教えてあげるのもいいかもしれません。例えば、今年5月にAKB48を卒業したばかりの岩佐美咲さん。彼女はAKB在籍中から演歌歌手としてソロデビューしており、有線大賞で新人賞を獲得するほどの人気を得ていました。その歌唱力は業界でも高く評価されており、ご年配の方が聴いてもきっと良さがわかるはずです。歌謡曲のお話で盛り上がったら、おすすめしてみてはいかがでしょうか。

また、意外なところでは小林幸子さん。演歌歌手として大御所の小林さんですが、最近では意外なところで若者にも人気が出ています。彼女はニコニコ動画に『幸子』名義で投稿を行ってからというもの、若いアニメファンを中心に人気が再燃焼しています。コミックマーケットという、大規模なアニメ同人誌や同人音楽の販売会で、CDを売れば即売り切れになるほど若いファンを獲得しました。こういったエピソードを教えてあげるなどして、小林幸子さんの新旧ファンで親睦を深める、なんてこともいいのではないでしょうか。

歌謡曲の話題で盛り上がったなら、被介護者の方と好きな歌を教え合うなど、コミュニケーションが膨らんでいきそうですね。きらケアでは介護先の情報、案内だけではなく、被介護者のみなさまと上手くお付き合いしていくコツもお伝えしています。介護職に関わっている方も、これから関わろうと思っている方も、ぜひきらケアをご利用ください。

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧