介護士さんが金欠に陥らないために。必勝の節約術

エンタメ 2016/08/09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
284_TOP_自炊

コンビニは介護士にとって天敵!?


介護士に限らず多くの人にとって、お金は人生の中でも重要度の高い問題ではないでしょうか?もっとお金があればいいのに、とは大部分の人の頭を一度はよぎる思いでしょう。もちろん考えているだけではお金はもらえません。お金は空から降ってきませんからね。となると必然的に、自分の身の丈に合った生活術や節約術を身につける必要が出てきます。ここでは介護士ならではの無駄な出費に焦点を当てて、節約術を学んでいきましょう。

介護士にとってコンビニほど甘い誘惑はないかもしれません。夜勤明けで疲れているとき、遅出で家に帰ってご飯を作るのが面倒なとき…コンビニはいついかなるときでも介護士を待ち構えています。みすみすその罠にかかってしまっては、いつまで経っても節約することはできません。毎回夜勤後には甘いものが欲しくなるのなら、事前にスーパーで購入しておく、遅出のときは夕飯を準備してから仕事に出かけるなど、自分なりの対策を講じましょう。もちろん絶対にコンビニを使ってはいけないわけではありません。使う場合にもスーパーと同額で売っているもののみ買うと決めていたり、毎月の利用金額を決めて守るようにしたりすれば、必要以上の出費はせずに済みますよ。どんな便利なものも使い手次第なのです。

生活が不規則だからこそ、自炊をする


介護士の仕事、特に施設で働く場合その生活はどうしても不規則になりがちです。生活が不規則になるとどうしても毎日の習慣が作りにくく、結果として先ほど述べたようにコンビニ利用が増えたり、外食で済ませたりすることが増えてしまいます。ですがそんな生活が不規則な介護士だからこそ、自炊を心がけたいもの。自炊のメリットは出費が押さえられるだけでなく、バランスのとれた食生活ができることにもあります。体が資本ともいえる介護職だからこそ、普段の食生活にも十分な注意を払いたいですよね。

自炊を継続するためのコツは、完璧を目指さないことでしょうか。1日作れなかったからといって自己嫌悪に陥るのではなく、そんな日もあると気楽に考えれば毎日の自炊もそれほど苦ではなくなります。自分にプレッシャーをかけるために自炊するのではなく、楽しむためにする。そうすれば自然と長く続けられますよ。



天引き貯金を上手に活用しよう


節約をするのがお金を貯めるためであれば、天引き貯金を上手に活用するのも一つの手です。天引き貯金のメリットはなんといっても、自分で引き落としをする前にすでに引かれていること。また天引き貯金からお金を引き出すためには面倒な手続きが必要になるため、引き出すことに心理的な抵抗が生まれる点も見逃せません。職場内に積み立て貯金制度あるのならそれを活用するのもいいでしょう。

もしそうした制度がない場合でも、積み立て型定期預金で簡単に代用できます。最初は毎月1万円といった無理のない金額から始めて、慣れてきたら2万円3万円と増やしていくとよいでしょう。通帳に増えていく金額を見てにんまりするようになれば、あなたも立派な貯金体質です!



きらケアでは、介護未経験者や転職を考えている人、それぞれに合った仕事を紹介しています。派遣登録型ですから、自分の働きたい時間や場所に合わせやすいだけでなく、待遇交渉も代理人が行ってくれます。自分らしい働き方をしたいのであれば、ぜひ登録してみてください。



引用元
60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ、-、http://kakeibot.doorblog.jp/archives/40942234.html

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧