美味しいものたくさん!グルメな介護士さんも納得の九州ご当地銘菓特集

その他 2021年3月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

top
九州には、美味しいご当地銘菓がたくさん存在します。その中から、今回はいくつかピックアップしてみましたよ。それぞれのブロガーさんがおすすめする九州銘菓、気になった介護士さんはぜひ実際に味わってみてくださいね♪

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、各ブロガーさんが執筆したときの情報になります。

目次

(1)佐賀県の銘菓「伊万里焼饅頭」は焼き物型の和洋折衷まんじゅう!

諸国饅頭記
大のあんこ好きだという、嶋田コータローさんのブログ『諸国饅頭記』には、日本全国のまんじゅう情報がたくさん!
今回はその中から、佐賀にある[エトワールホリエ]の“伊万里焼饅頭”についての記事《佐賀県の銘菓「伊万里焼饅頭」は焼き物型の和洋折衷まんじゅう!》を紹介します。

嶋田さんによると、伊万里焼饅頭は手のひらに軽く乗るくらいの大きさとのこと。
大きくもなく小さくもない感じが嶋田さんにとってベストマッチらしく、サイズ感のよさに星5つと評しています。
まんじゅうの表面に入っているひび割れのような模様は、伊万里焼の氷裂文がイメージされているそうです。
また、中のあんはさらりとしていて、口の中でモゴモゴしないのが高ポイントだと言います。
どことなく洋菓子のテイストがあり、コーヒーともよく合うようですよ。

さらに驚くことに、過去には、JAL国際線ファーストクラスの機内食として採用されたこともあるんだとか!
その実績からも、味についてはお墨付きと言えるかもしれませんね。

なお、上記事には、より詳しい商品レビューや購入可能なお店情報などが記されています。
世界に誇る美味しさを味わってみたい方は、ぜひ注目してみてくださいね。

【参照元】
佐賀県の銘菓「伊万里焼饅頭」は焼き物型の和洋折衷まんじゅう! | 諸国饅頭記

\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)

(2)老舗銘菓店『村岡総本舗』の新商品シベリアが佐賀土産にオススメ

佐賀1年生。
ブログ『佐賀1年生。』には、佐賀の見どころやグルメなどにスポットを当てた魅力的な情報が詰まっています。
何より、地元の方が意外と知らないコアな情報もあるため、読めば読むほど新しい発見ができそうですよ!

そんなブログの中にも、佐賀の銘菓を取り上げた記事がありました。
タイトルは、《【佐賀市】老舗銘菓店『村岡総本舗』の新商品シベリアが佐賀土産にオススメ。》
ここでは、老舗菓子店の[村岡総本舗]が販売する銘菓“シベリア”が紹介されています。

シベリアの断面を見てみると、独立した羊羹と粒あんをバターカステラで両端から挟んでいるように見えますが、実は敷いたカステラの上に溶けた羊羹を流し込み、層を作っているんだとか。
シンプルに見えて、とても手間ひまがかかったお菓子のようです。
そうして5層となったシベリアは、カステラと粒あん、羊羹それぞれの異なる食感がいい塩梅になり、なんとも華やかな味がしたと筆者は語っています。
また、羊羹と粒あんに至っては、老舗ならではの深い味わいだったとのことです。

記事には、シベリアの実食レビューのほか、詳細や販売店の情報も記載されているので、全容を知りたい介護士さんはアクセスしてみてください。
そして、あんこ好きな方は、ぜひ一度ご賞味あれ!

【参照元】
【佐賀市】老舗銘菓店『村岡総本舗』の新商品シベリアが佐賀土産にオススメ。 | 佐賀1年生。

(3)差し入れに便利な熊本ソールフード「いきなり団子」のミニサイズ

差し入れのアンテナ
もちもちとした食感の生地の中に、さつま芋とあんこが入ったいきなり団子は、熊本を代表するご当地銘菓の一つ。
ブログ『差し入れのアンテナ』を運営するSHIHOさんは、この和菓子が大好きだそうで、《差し入れに便利な熊本のソールフード「いきなり団子」のミニサイズ》という記事に、小ぶりないきなり団子が紹介されていました!

この記事に取り上げられているいきなり団子は、[株式会社くま純]が販売している“ミニいきなり団子”。
SHIHOさんによると、こちらのお店のいきなり団子では、季節ごとに最も美味しい九州産の唐芋が使い分けられているため、素材へのこだわりが感じられるそうですよ。
しかも、別袋で藻塩が添えられているのもうれしいポイント!
藻塩を少しまぶすと、いきなり団子の甘さが引き立ち、さらに美味しさが増すとSHIHOさんは語っています。
さつま芋やあんこのほどよい甘さが好きな方は、詳細をチェックしてみてくださいね。

株式会社くま純のミニいきなり団子は、オンラインショップからも購入できるそうなので、おもたせやお茶菓子によさそうな和菓子を選ぶときには、候補の一つに加えてみたくなるかもしれませんよ♪

【参照元】
差し入れに便利な熊本のソールフード「いきなり団子」のミニサイズ | 差し入れのアンテナ

(4)松風 Matsukaze 熊本県お土産菓子

美味しいお土産、お菓子、スイーツ大集合
お菓子が大好きだという森永梨須菓(もりながりすか)さんは、自身が運営するブログ『美味しいお土産、お菓子、スイーツ大集合』にて、全国各地のお土産やスイーツを取り上げ、耳寄り情報を発信しています。
例えば、こちらの記事《松風 Matsukaze 熊本県お土産菓子》もその中の1つ。
ここでは、熊本の銘菓“松風”が紹介されていました!

記事によると、この松風は厚さ1.5ミリの小麦粉煎餅で、その薄さから、日本一薄い和菓子として知られているようです。
実際に松風を食べてみた森永さんは、軽い口当たりと香ばしさに、どんどん口に運んだと語っています。
また、松風の原材料に含まれているケシの実が、味に深みを出すためのいいアクセントとなっており、楽しい食感になっているそうですよ♪

記事には、この松風の実食レビューのほか、独自の評価基準を設け、おすすめコメントが綴られています。
松風のより詳しい情報を知りたい介護士さんは、記事の隅々にまで目を通し、確認してみてください。
森永さんイチオシの松風は、来客時のお茶請けや手土産にも喜ばれそうなので、取り寄せてみるのもいいかもしれませんね。

【参照元】
松風 Matsukaze 熊本県お土産菓子 | 美味しいお土産、お菓子、スイーツ大集合

(5)こんな大福見たこと無い…お菓子の日髙の『なんじゃこら大福』

もあらぼ
テレホンアポインターや営業事務、システムエンジニアといったさまざまな仕事を経験した後、占い師の道を選択した百相太陽(もあいあかり)さんが運営する『もあらぼ』
こちらのサイトには、占いや恋に関すること、グルメ情報など多彩なジャンルの記事がエントリーしています。
その中から、ここではインパクト絶大の宮崎の銘菓について書かれた記事、《【宮崎市】こんな大福見たこと無い…お菓子の日髙の『なんじゃこら大福』[お土産/地元民/びっくり]》にスポットを当ててみましょう。

この記事によると、宮崎市に7つの店舗を構える[お菓子の日髙]には、求肥の中につぶあん・クリームチーズ・苺・栗が入った“なんじゃこら大福”という、ユニークなネーミングの大福があるそうですよ。
握りこぶしくらいの大きさがあり、見るからにボリューミーなんだとか!
また、あんや栗の甘さと苺の酸味、そしてクリームチーズのまろやかさがバランスよく感じられる和菓子だと言います。
店頭でしか販売されておらず、現地に行かないと入手できませんが、宮崎に行く機会がある方は、注目してみてはいかがでしょう。

思わず「何これ!」と言いたくなるような変り種の大福は、一度食べると病みつきになってしまうかもしれません♪

【参照元】
【宮崎市】こんな大福見たこと無い…お菓子の日髙の『なんじゃこら大福』[お土産/地元民/びっくり] | もあらぼ

(6)チーズ饅頭は風月堂がおすすめ!元祖が作り出す味わいが魅力

Small-背が低いからこそオシャレになれるブログ
宮崎を代表する銘菓の一つといえば、“チーズ饅頭”が挙げられます。
県内の至るお店で販売されているので、どのお店のチーズ饅頭を購入すればいいか迷ってしまう介護士さんもいるかもしれませんね。
そこで今回は、こちらの記事《宮崎のチーズ饅頭は風月堂がおすすめ!元祖が作り出す味わいが魅力的です。》に注目してみました。

ファッションやガジェット、スイーツなど、多彩な情報を発信するブログ『Small-背が低いからこそオシャレになれるブログ』の運営者Takahiroさんがおすすめするのは、初めてチーズ饅頭を製造・販売した名店[松月堂]のチーズ饅頭。
記事によると、チーズ饅頭はサクサク生地で芳醇なクリームチーズを包んだ逸品で、宮崎のソウルフードとして世代を問わず親しまれているそうです。
気になるお味は、サブレに似た味とチーズの甘酸っぱさが絶妙なバランスを保っており、一度食べたら虜になると綴っています。

ちなみに、チーズ饅頭は、冷やしても焼いても美味しくいただけるとのこと。
食感や味がどう変化するのか、どちらも試してみたくなりますね♪
記事には、美味しい食べ方や食べる際の注意点など、チーズ饅頭の魅力について記されているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

【参照元】
宮崎のチーズ饅頭は風月堂がおすすめ!元祖が作り出す味わいが魅力的です。 | Small-背が低いからこそオシャレになれるブログ

(7)雪よりも白くもっちり!優しい甘さの鹿児島銘菓かるかん

ナナのかごんまグルメ
生まれも育ちも鹿児島というNANAさんのブログ『ナナのかごんまグルメ』には、ランチやカフェ、スイーツなど鹿児島の美味しい情報が満載!
コアな情報ばかりなので、現地のグルメを知りたい方はアクセス必須ですよ。
そんな数ある記事の中から、今回は《【かるかん元祖明石家】雪よりも白くもっちり!優しい甘さの鹿児島銘菓かるかん》という記事に注目したいと思います。
ここには、鹿児島の代表的な銘菓“かるかん”の元祖のお店[明石屋]について、書かれていました。

明石屋は、1855年に創業した由緒あるお店で、今でも鹿児島で愛されている人気の和菓子屋さんなんだとか。
長年親しまれてきた老舗のかるかんは、伝統の味わいを堪能できる手土産としても喜ばれそうですね♪

ちなみに、かるかんで使われている材料は、自然薯・米粉・砂糖のみ。
それらを混ぜて蒸すことで、真っ白でふんわりもっちりとした独特な食感が生まれるとのことです。
実食レビューでは、上品で繊細な美味しさを楽しむことができ、お茶やコーヒーと相性がいい味わいだと述べています。

このほかにも、本文中では明石屋の和菓子の実食レビューが綴られているので、併せて熟読してみてくださいね!

【参照元】
【かるかん元祖明石家】雪よりも白くもっちり!優しい甘さの鹿児島銘菓かるかん | ナナのかごんまグルメ

介護士として専門性を高めるためには、資格の活かせる職場で働くのがオススメです。きらケアを使えば、自分に合った職場を見つけることも可能。自分らしい働き方ができる職場で、より専門性の高い介護をしませんか?介護福祉士(介護士)の求人検索は、ぜひきらケアをご利用ください。
https://job.kiracare.jp/feature/qf14/

関連ジャンル: その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「その他」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧