オシャレな部屋に憧れる♪そんな介護士さんに教えたい部屋づくりの参考になる記事まとめ!

その他 2021年3月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

top
生活の基盤になる住まいは、快適で自分好みのオシャレな空間であってほしいと思いませんか。そこで今回は、理想のマイホームやマイルームづくりに関心のある介護士さんのために、耳寄りの情報をお届けします!家具や照明の配置、DIYをするときの参考にしてくださいね!

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、各ブロガーさんが執筆したときの情報になります。

目次

(1)統一感 の出し方『インテリアスタイルを決める』

AYAHOUSE
「オシャレなインテリアや雑貨を飾っているのに、自分好みの部屋に仕上がらない」「整理整頓をしているのに、雑然として見える」etc…。
そんな介護士さんは、一級建築士やインテリアプランナーとして活躍する松野綾子さんのブログ『AYAHOUSE』に掲載中の《1. 統一感 の出し方『インテリアスタイルを決める』【部屋をオシャレにする3つの方法】》という記事を参考にしてみるといいかもしれませんよ!

この記事によると、イメージ通りの部屋づくりや、オシャレな空間を演出するためには、[統一感][カラーコーディネート][インテリアの飾り方]の3つが重要になるのだとか。
中でも、部屋に統一感を持たせることは、オシャレな部屋には欠かせないポイントだそうで、まずは部屋全体のベースとなるインテリアスタイルを決めておくことが鍵になると松野さんは語っています。

本文には、ナチュラルやエレガント、北欧風やアジアン風といった中から、自分の求める部屋のインテリアテイストを決めるためのヒントがまとめられているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

「こんな部屋にしたい」というイメージが具体的に固まれば、統一感のあるステキな部屋づくりに1歩近づけるのではないでしょうか。

【参照元】
1. 統一感 の出し方『インテリアスタイルを決める』【部屋をオシャレにする3つの方法】 | AYAHOUSE

\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)

(2)狭い部屋(リビング)をオシャレに広く見せる方法

インテリア
狭い部屋に家具を配置すると、どうしても窮屈に見えてしまいます。
そのため、部屋を広く見せようと、試行錯誤を繰り返している介護士さんもいるかもしれませんね。

そこで、ここではブログ『団地インテリア × MID CENTURY MODERN』の中から、部屋を広く見せるコツが書かれた《狭い部屋(リビング)をオシャレに広く見せる方法|賃貸1LDK編》という記事に注目してみたいと思います。

筆者のMINEOさんによると、日本では一般的に部屋のつくりに沿って平行に家具を置くことが多いのだとか。
しかし、部屋を広く見せるためには、ソファーのような大きめの家具は、逆ハの字型に置くほうがいいそうですよ。
なぜなら、逆ハの字型に家具を配置すると、ドアから奥に向かって広がるように部屋を使えるので、圧迫感がなくなるからです。
また、そのほかにも、来客にウェルカム感を与えたり、空間の区切りを曖昧にし、堅苦しさを解消したりというメリットもあるとのこと。

記事には、イラストやMINEOさんの部屋の写真を用いて、ソファーやテーブルなどを斜めに配置する魅力が紹介されているので、限られたスペースを有効に使った部屋づくりをしたい方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
狭い部屋(リビング)をオシャレに広く見せる方法|賃貸1LDK編 | 団地インテリア × MID CENTURY MODERN

(3)フォーカルポイントって何?その作り方を解説します!

時は素敵な暮らしなり
「フォーカルポイントは、インテリアの主役のようなもの」と語るのは、インテリアコーディネーターとして活躍するKanaさん。
Kanaさんのブログ『時は素敵な暮らしなり』に掲載されている《インテリアでよく出てくるフォーカルポイントって何?作り方を解説します!》という記事には、フォーカルポイントの詳細がまとめられていました!

Kanaさんによると、フォーカルポイントとは、部屋のコーナーやキャビネットの上など、部屋の中でもひと際目を引く場所なのだとか。
そのため、メインになるものを決めて、それを引き立たせるようなアイテムを周りにバランスよく配置することが鍵になるそうですよ。

また、フォーカルポイントは、部屋を広く見せたり、見せたくないものから視線をそらせたりする効果もあるとのこと。
したがって、オシャレな部屋づくりにフォーカルポイントは欠かせません。

上記の記事では、そんなフォーカルポイントをつくるためには、どこにどんなものを飾ればいいのかについても言及しているので、ぜひ熟読して、センスのいいお部屋づくりに活かしてくださいね。

【参照元】
インテリアでよく出てくるフォーカルポイントって何?作り方を解説します! | 時は素敵な暮らしなり

(4)工事で使うガード照明をペンダントライトとして取り入れる

99% DIY -DIYブログ-
「身近なものを使ってオリジナリティのある部屋づくりをしたい」そんな介護士さんにピッタリの記事が、『99% DIY -DIYブログ-』に掲載されていました。
こちらの記事、《工事で使うガード照明をペンダントライトとしてインテリアに取り入れる》です。

ここで取り上げられているガード照明とは、内装工事で現場を照らす際に用いられている照明器具ですが、筆者のすけさんは、その機能美に惚れ込んで、リビングのペンダントライトに取り入れてみたのだとか。
すると、電球を衝撃から守る役割を果たすワイヤーシェードが針金アートのように感じられて、部屋がアパレルショップのように華やいだそうですよ♪

ちなみに、ワイヤーシェードは開け閉めできる構造になっているため、電球の交換も簡単に行えるとのこと。
閉めているときは蕾、開いているときは花のように見えるので、開閉することによって部屋の雰囲気も変えられます♪
記事には、そんなガード照明の詳細や施工実例などが写真つきで綴られているので、興味がある方はぜひチェックして、自分らしい部屋をつくるときの参考にしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
工事で使うガード照明をペンダントライトとしてインテリアに取り入れる | 99% DIY -DIYブログ-

(5)LEDテープを貼ったら簡単に部屋がオシャレになった!

BOSSCO'S BLOG
『BOSSCO’S BLOG』は、DIYやインテリアの記事が充実しています。
運営者のBOSSCOさんは、仕事を通して知り合った職人さんたちから得た知識を活かし、理想の住まいづくりに取り組んでいるのだとか。
DIYが好きな介護士さんは必見ですよ。

今回は、そんなブログの中から、間接照明について書かれた記事《LEDテープを貼ったら簡単におしゃれになった!》をピックアップしてみました!
間接照明といえば、部屋を程良く照らしてムーディーに見せてくれるアイテム。
一般的にはスタンドライトや置型タイプの照明をイメージしますが、この記事では好きな場所に貼りつけるだけのLEDテープが使われています。

BOSSCOさんは、LEDテープをテレビボードの棚とパレットベッドの裏に貼りつけていますが、簡単に施工できるうえに、部屋がとてもオシャレに仕上がったそうですよ。
記事には、施工過程と併せて、LEDテープのメリットや選ぶ基準などについても触れられているので、ぜひ一読してみてくださいね!
「間接照明を取り入れたい」と考えている方は、真似してみたくなるかもしれませんよ。

【参照元】
LEDテープを貼ったら簡単におしゃれになった! | BOSSCO’S BLOG

(6)シンプルな部屋に見せるためのコンセントへのこだわり

Little Home.
「シンプルな暮らしをするためには、その前に一手間かけることも大切だ」と語るのは、ブログ『*Little Home*』を運営している整理収納アドバイザーのcoyukiさん。
coyukiさんにとって、その手間をかける対象の一つがコンセントだそうで、 《シンプルな部屋に見せるためのコンセントへのこだわり》という記事に、自身が工夫しているポイントを綴られていました。

テレビやデスク周りはどうしてもコンセントに挿すプラグのコードでごちゃごちゃしてしまうため、coyukiさんはケーブルカバーを壁に沿うように取付けてコードを隠しているのだとか。
その際、できるだけ目立たなくするために、ケーブルカバーは壁紙タイプのフラットモールを選んだそうですよ。
また、デスク下に設置したコンセントタップをマジックテープで固定したところ、プラグの抜き差しがしやすくなり、掃除もラクになったとのこと。

上記の記事には、coyukiさん宅のコンセント周りの写真も添えられているので、「コードやケーブルで雑然とした部屋をなんとかしたい!」という介護士さんは、ぜひ一読してみてくださいね。
壁紙に馴染みやすいケーブルカバーを用いるだけで、部屋がスッキリとするかもしれませんよ♪

【参照元】
シンプルな部屋に見せるためのコンセントへのこだわり | *Little Home*

(7)100均材料&工具不要!かんたんファブリックパネルの作り方

ファブリックパネル
壁に飾るだけで部屋のアクセントになる北欧発祥のファブリックパネルは、日本でも人気のインテリア。
しかも、100均の材料で簡単に作ることができるそうですよ。

《100均材料&工具不要!かんたんファブリックパネルの作り方》という記事を執筆したルームスタイリストのはやしあきさんによると、ダイソーのコルクボード2枚と強力両面テープ、そして好きな布があれば、以下の手順で作れるのだとか。

・2枚のコルクボードを貼り合わせる
・コルクボードの4辺に両面テープを貼る
・テープ面を上にしてコルクボードを布の上に置き、布端を貼る
・布端を貼ったら角の処理をする

ちなみに、コルクボードに付属しているヒートンをねじ込んで紐を通せば、壁掛け用にもなるそうなので、スキマ時間に挑戦してみてはいかがでしょう。

また、上記の記事が掲載されているブログ『楽しい暮らしnote』には、片付けのコツやインテリアに関すること、暮らしに役立つ情報も公開されています。
オシャレな部屋づくりの情報だけでなく、快適に暮らすヒントも得られるので、ぜひほかの記事も読んでみてくださいね!

【参照元】
100均材料&工具不要!かんたんファブリックパネルの作り方 | 楽しい暮らしnote

(8)バスルームを流木インテリアで緑化。飾り方は意図的に無造作で!

北欧ミッドセンチュリーの家づくり
『北欧ミッドセンチュリーの家づくり』は、家具コンシェルジュのmashleyさんが運営するブログ。
DIYやインテリア関連の記事が多数エントリーしているので、オシャレな住まいを追求している介護士さんは、アクセスするといい刺激を受けられますよ。

たとえば、こちらの記事《バスルームを流木インテリアで緑化。流木の飾り方は意図的無造作が要》には、mashleyさんが流木インテリアに挑戦したときのエピソードが綴られていました。
流木はナチュラルなテイストのインテリアになりますが、変に目立ってしまったり、流木のアレンジが難しかったりして、なかなか思い通りにいかないことも…。
そこでmashleyさんは、流木でモビール作りをするときに、以下の点を重視したと語っています。

・流木の表情をよく観察する
・飾る空間をじっくり眺める
・流れるように飾る場所を見つける
・流木を飾って小物の位置を考える

上記の記事には、これらのポイントを踏まえて作った流木モビールをバスルームに飾った写真がアップされていますが、テイストがマッチすれば、リビングや寝室に飾っても良さそうですよ。
流木は一つひとつが個性的な形をしていて、それをどう活かすかがポイントになりますが、その分楽しみ方も広がるので、流木インテリアに興味がある方は、ぜひmashleyさんの記事を熟読してみてはいかがでしょう。

【参照元】
バスルームを流木インテリアで緑化。流木の飾り方は意図的無造作が要 | 北欧ミッドセンチュリーの家づくり

(9)書斎コーナーを有孔ボードを使ったDIYで見直す

サトコト
サトさんが運営するブログ『サトコト』には、アウトドアやDIY、子育て関連の記事が盛りだくさん!
こちらの記事《【完成編】書斎コーナーを有孔ボードを使ったDIYで見直しする》もその一つで、サトさんが奥さまの書斎コーナーを使い勝手のいいスペースへと様変わりさせる様子が綴られていました。

サトさんが書斎の見直しで行ったのは、壁にディアウォールを使って柱を立て、それに有孔ボードを取り付け、棚板を設置するという方法。
このやり方なら、壁に直接穴をあけたり、傷をつけたりする心配がなく、原状回復もしやすいからです。
また、有孔ボードを利用することで、棚受けレールを取り付ける際に、ビスを簡単に固定できるようにしたのもポイント。
初心者も気負わず挑戦できそうなので、コストを押さえて使い勝手のいい部屋をつくりたい方は、本文で作業工程を確認してみてくださいね。

記事には、書斎コーナーのビフォー・アフターの写真も掲載されているので、比べてみると創作意欲が掻きたてられるかもしれませんよ♪

【参照元】
【完成編】書斎コーナーを有孔ボードを使ったDIYで見直しする | サトコト

「新しい業界で自分の可能性を試してみたい」と、介護職に関し興味を抱いたとしても、1人で行動するには不安もつきまとうでしょう。
そのような方におすすめなのがきらケアです。1人1人丁寧に就活アドバイザーがヒアリング。就活を始める前に疑問点を解決することができ、安心です。また、勤務開始後にも定期的な連絡があるので、介護のお仕事が初めての方にも心強いですね。
サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご登録ください。
https://job.kiracare.jp/

関連ジャンル: その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「その他」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧