美味しく栄養補給したい介護士さん必見★豆を使ったおやつ特集

エンタメ 2020/08/26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top
タンパク質やミネラルなどの栄養素をバランスよく含んだ豆は、おやつの原材料としても優秀。全国にはそんな豆を使ったお菓子がたくさんあるので、ここではそのレビューを紹介します。ヘルシーなおやつを好む介護士さんは、ぜひチェックしてみてくださいね!

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、各ブロガーさんが執筆したときの情報になります。

(1)鹿の子餅(不破福寿堂)は、雪が降ると食べたくなるお菓子


なゆたび
旅をこよなく愛し、寺社を巡るおまいり旅ライターとして活躍するなゆきさんのブログ『なゆたび』には、旅行の記録や旅先で出会ったグルメの記事が公開されています。
こちらの記事《【富山土産】鹿の子餅(不破福寿堂)は、雪が降ると食べたくなるお菓子》はその1つで、富山県高岡市にある老舗の和菓子屋[不破福寿堂]の“鹿の子餅”が紹介されていました。

この記事によると、鹿の子餅は不破福寿堂の看板商品で、富山県産の新大正もち米からできたお餅に蜜漬けの金時豆を加えて作られており、お茶のお供にピッタリなのだとか。
しかも、柔らかいのにコシがあり、金時豆が絶妙なアクセントとなって、「優しい甘さに癒やされるようだ」となゆきさんは語っています。
見た目も立山連峰に降り積もった雪と、お餅の中に見え隠れする金時豆が子鹿の背中をイメージしており上品ですよ。
シンプルながらも、ストーリー性を感じられるお菓子なので、和菓子好きの介護士さんなら心惹かれることでしょう。

上記の記事には、そんな不破福寿堂の鹿の子餅の販売箇所や問い合わせ先も載っているので、興味がある方はぜひ本文で確認してみてくださいね♪

【参照元】
https://nayutabi.com/fuwafukujudou-kanokomochi/



\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)




(2)「うす皮だだちゃ豆饅頭」つぶつぶ食感の豆入り餡が美味しい


お土産まいり
焼き菓子に和菓子、おせんべい・おかきなど、さまざまなジャンルのお土産を取り上げているサイト『お土産まいり』
YUHAさんが管理人を務めており、実際に買ったり、食べたりしたお土産の詳細やレビューを綴ってくれているので、毎回お土産を何にするか悩んでしまう方の参考にピッタリです!

たとえば、今回のテーマ、豆を使ったおやつということで取り上げた《みのりや「うす皮だだちゃ豆饅頭」つぶつぶ食感の豆入り餡が美味しい》も、その1つ。
[みのりや]から販売されている“うす皮だだちゃ豆饅頭”は、中の餡が滲むほどの薄皮と、砕かれた豆の粒感を感じられる餡が特徴です。

記事によると、餡の量はとても多く、ずっしりとした重さがあるとのことで、十分な食べごたえを感じられそうですよ。
また、控えめの甘さで風味がよく、特にずんだ好きの方におすすめしたいお饅頭だと述べています。

さまざまな受賞歴があり、実力派のうす皮だだちゃ豆饅頭は、自分へのおやつにはもちろん、お土産としても喜ばれること間違いなし!
お饅頭の詳細は、上記記事で写真とともに丁寧に解説されているので、参考にしてみてください。
ちなみに、YUHAさんによる美味しく食べる方法も文中で提案されているため、うす皮だだちゃ豆饅頭を入手した際は、ぜひお試しあれ♪

【参照元】
https://omiyagemairi.com/minoriyamameman/



(3)ぴーなっつ最中は満足度が高いお菓子なのか、食べてみました。


Omiii
ブログ『Omiii』を運営しているOmiiiさんは、家族と旅行に出かけて、そこで出会うお土産を収集するのが趣味。
そして、ブログを通して全国のお土産情報を発信しています。
旅先で買えるおすすめの逸品を知りたい方や、ご当地のお土産がずらりと並ぶスポットを知りたい方は、アクセスすると耳寄りな情報を得ることができますよ。

今回はそんなブログの中から、千葉県のお土産として高い人気を誇るお菓子のレビューが書かれた記事、《ぴーなっつ最中は千葉県お土産ランキングで常に上位にいるけど、本当に満足度が高いのか食べてみました。》をピックアップしてみました。
この記事に登場する“ぴーなっつ最中”は、白いんげん豆や小豆、ピーナッツペーストをふんだんに使った餡を落花生の形をした最中の皮が包んでおり、口に運ぶと餡の濃厚な味が広がるそうです。
しかも、餡の中にはピーナッツそのものも入っており、食感と味のアクセントになっているのだとか。
非常に食べごたえがあり、幅広い年齢層の方に好まれるお菓子だとOmiiiさんは絶賛しているので、千葉近郊に行く機会がある介護士さんは、ぜひ本文で詳細をリサーチしてみることをおすすめします。

Omiiiさんによると、ぴーなっつ最中はパッケージも落花生の形をしていて目を惹くそうなので、家族や職場へのお土産としても喜ばれるのではないでしょうか。

【参照元】
https://omiyage-japan.jp/peanuts-monaka/



(4)新潟のスーパーが販売する『くろとり茶豆』を使った羊羹が美味!


主夫のぽぽさん
ブログ『主夫のぽぽさん』からは、こちらの記事《くろとり羊羹 キューピットという新潟の地元密着スーパーが販売する『くろとり茶豆』を使った羊羹が美味!》を紹介しましょう!

この記事で取り上げられているのは、新潟市で採れるくろとり茶豆を使った“くろとり羊羹”。
夏に週4の頻度で枝豆を食べるという筆者のぽぽ(片元 彰)さんが、ずっと気になっていたスウィーツなのだそうです。
ここでは、そんなくろとり羊羹の実食レビューが綴られていました。

ぽぽさんがくろとり羊羹の箱を開封したところ、目に飛び込んできたのは清涼感あふれる緑色の羊羹!
ひと目で茶豆のつぶつぶ感が残っているのが分かり、豆感のすごさに驚いたといいます。
ちなみに、味が気になるところですが、詳細は本文に写真つきで綴られているので、そちらで確認してみてくださいね。
この羊羹は、豆好きにはたまらない一品になるかもしれませんよ♪

また、上記以外にも、ブログ内にはグルメの実食レビューやタスク管理術などの記事も掲載されています。
働き方と生き方について今一度考えさせられる記事も読みごたえがあるので、ぜひ目を通してみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://popo3.jp/archives/8172



(5)「ジャズ羊羹classic」ドライいちじくが美味しい


プレゼントで世界を変える
人にプレゼントを贈ることと、ゴルフやプロレスが好きだと語るおみくみさんのブログ『プレゼントで世界を変える』には、おしゃれな羊羹の記事《ジャズとようかんの「ジャズ羊羹classic」ドライいちじくが美味しい》がありました!

おみくみさんは、友人のお店に出かけたときに、ギフトとしてピアノの鍵盤をデザインした“ジャズ羊羹”をチョイスしたそうです。
ジャズ羊羹は、国産の小豆や黒糖からできた羊羹とワインに漬け込んだドライいちじくがコラボした新感覚のスウィーツで、職人さんが刷り込みという技術を用いて、鍵盤部分を再現したのだとか。
その味は、いちじくの酸味がアクセントになっており、ワインやコーヒーに合う大人の味だったとおみくみさんはいいます。

上記の記事には、そんなジャズ羊羹の写真も添えられていますが、そのビジュアルは羊羹というよりは洋菓子のように繊細。
味だけでなく、見た目も楽しめるので、特別な日のスウィーツにピッタリですよ♪

「センスの良いお菓子を贈りたい」「贅沢なティータイムを楽しみたい」
そんなときには、ぜひおみくみさんのようにジャズ羊羹を選んでみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://o-look.jp/archives/5055



(6)一度食べたら止まらない癖になる豆菓子!ラッキーチェリー豆


しまばらムッチャンネル
長崎県島原市には、地元の人にも観光客にも人気があるそら豆を使ったお菓子があります。
島原の観光やグルメを紹介しているブログ『しまばらムッチャンネル』に掲載中の《島原市|一度食べたら止まらない癖になる豆菓子!ラッキーチェリー豆》という記事には、その詳細情報が綴られていました!

筆者の山本睦子さんによると、そのお菓子は“ラッキーチェリー豆”というネーミングで親しまれており、新鮮なそら豆を油で揚げて、砂糖やショウガ、水あめを煮たものでコーティングした商品なのだとか。
一口頬張ると、砂糖の甘さとショウガの爽やかさ、そして豆本来の旨味が広がり、クセになるほど美味しいそうですよ。

しかも、最近では味のバリエーションも増えており、新商品も登場しているとのこと。
記事には、手土産やプチギフトにもなりそうな、ピンク色の桜咲くラッキーチェリー豆とラッキー黒蜜きなこ豆の写真が添えられていますが、どちらも豆の味をトコトン堪能できそうなビジュアルで、豆菓子ファンの興味を掻き立てることでしょう。
近隣の方はもちろんのこと、旅行で長崎方面にお出かけ予定の方は、ぜひ注目してみてくださいね。

【参照元】
https://mutsukonote.com/cherrymame/



(7)山田家ふうき豆本舗」お菓子メニュー(値段付)!


Hatrip
「豆そのものの味を堪能できるお菓子が食べたい!」
そんな介護士さんに読んでほしいのは、《【山形県山形市】食べログ スイーツEAST2018百名店「山田家ふうき豆本舗」お菓子メニュー(値段付)!どら焼きも人気(^^)》という記事。

国内旅行と全国のグルメ情報をブログ『Hatrip』に綴っているはとサブ子さんが、蒸した青えんどう豆を砂糖と塩で味付けしたふうき豆を紹介してくれています。

ふうき豆は、山形県山形市が発祥の豆菓子で、市内には何件かの専門店があるそうですが、はとサブ子さんが取り上げているのは、昭和6年創業の和菓子店[山田家ふうき豆本舗]の“白露ふうき豆”。
この商品は、品質を保つために最低限の量だけを手作りして販売するため、午前中には売切れになるほど人気なのだそうです。
気になるお味は、ほのかな甘みと豆の風味が口いっぱいに広がって、豆好きならやみつきになるほどの美味しさなのだとか。
食感もふっくらしていて、はとサブ子さんも虜になりそうだと語っているので、興味がある方は要チェックですよ♪

また、記事の後半には、はとサブ子さんおすすめの山田家ふうき豆本舗の和菓子についても触れられています。
こちらも小豆や青えんどう豆を使った餡がぎっしり詰まったお菓子なので、ぜひお見逃しなく!

【参照元】
https://hatrip-blog.me/yamadaya-fukimamehonpo/



(8)SOYMEME|大豆を使ったヴィーガンチーズケーキを実食


cheese cakes
豆を使ったおやつといえば、和菓子のイメージが強いかもしれませんが、こちらの記事《【あめつちまにまに】SOYMEME(ヴィーガンチーズケーキ)|大豆を使ったヴィーガンチーズケーキを実食》には、大豆から作られたケーキが紹介されています。

筆者のかなざわさんは、『チーズケーキを紹介するブログ【Cheese Cakes】』を通して、自身が食したチーズケーキの情報を発信中。
上記の記事に登場するケーキもその1つで、[あめつちまにまに]というお店のヴィーガンチーズケーキ“SOYMEME”を実食した感想を語ってくれています。
かなざわさんによると、SOYMEMEは、豆腐を発酵させて作ったヴィーガンクリームチーズと豆乳クリームを使用しており、その味は一般的なチーズケーキとそれほど差はないのだとか。
コクや口当たりは好みが分かれるようですが、ヘルシーで高い完成度を誇っているそうなので、ダイエット中の方やヴィーガン食を好む介護士さんは必見ですよ!

また、今回は大豆を主原料にしたチーズケーキを取り上げましたが、かなざわさんのブログには、カシューナッツをチーズ代わりに使ったケーキの記事もエントリーしています。
こちらも興味深い内容になっているので、ぜひ併せて読んでみてくださいね。

【参照元】
https://cheese-cake.net/ametsutimanimani/



(9)銀座くろまめへしれけーきは人生で一番うまい黒豆ケーキ


大阪・奈良グルメのブログ
日本フードアナリスト協会の認定資格を持つだっちんさんが運営する『大阪・奈良グルメのブログ「ミシュランごっこ。」』には、黒豆を使った贅沢なスウィーツのレビューが載っていました。
こちらの《銀座Kuma3の銀座くろまめへしれけーきが人生で一番うまい黒豆ケーキと判断した話》という記事です。

銀座の日本料理店[Kuma3(=クマサン)]では、厳選した素材のみを使用して作った“銀座くろまめへしれけーき”を1日20本限定で販売しており、だっちんさんはそれをお取り寄せしたのだとか。
この商品は1本税込で6,264円というお値段でしたが、実食しただっちんさん曰く「一生に一度は!」と思うほどのクオリティーで、以下の3点がほかの豆系スウィーツとは明らかに異なっていたそうです。

・芳醇なバターの香り
・生地のしっとり感
・黒豆の密度

しかも、黒豆は皮の薄いものを丁寧に炊き上げてるそうで、噛むと魂を震わすほどムチムチだったとのこと。
気軽に手が出せるような価格帯ではないものの、値段に見合うだけの満足感を得られると絶賛されているので、介護ワークを頑張る自分へご褒美を選ぶときには、ぜひ候補の1つに加えてみてはいかがでしょう。
極上の黒豆ケーキの甘さは、疲れた体を癒して、明日への活力を与えてくれるかもしれません。

【参照元】
https://nara-osaka-gourmet.com/blog-entry-2160.html



(10) 神戸阪急限定!黒豆ふわりは、絶品クリームに黒豆が入った名品


コウベランチタイムズ
「限定品に目がない!」
そんな介護士さんは、こちらの記事《五感「黒豆ふわり」 − 神戸阪急限定!絶品クリームに黒豆が入った名品ブッセ。神戸土産にも◎》で取り上げられているお菓子も見逃せませんよ!

神戸のおすすめランチやスウィーツ、知って得する神戸の情報を発信している『コウベランチタイムズ』というサイトの運営者さんが、神戸阪急限定の“黒豆ふわり”を紹介してくれています。

記事によると、黒豆ふわりは、大阪のパティスリー[五感]が販売しており、ふわふわ生地のブッセに絶品のクリームと大粒の丹波黒豆を挟んだ商品なのだとか。
ブッセとクリームが奏でる洋菓子らしい甘さと、和を感じさせる黒豆が絶妙にマッチしており、最高の組み合わせだと運営者さんは語っています。
和菓子派の方も、洋菓子派の方も、高い満足感を得られそうなので、おもたせやプチ贅沢なおやつを用意するときには、ぜひ注目してみてくださいね!

珍しいだけでなく、味も申し分ないお菓子は、シーンを選ばず食べる人の気持ちをハッピーにしてくれるのではないでしょうか。

【参照元】
https://kobe-lunchtime.com/gokan-kuromamefuwari/



(11) せんだい屋のなっとうドーナツはめちゃくちゃ美味しいぞ!!


喪女だけど
『喪女だけど、色々お試しするよ!』は、お出かけや本レビュー、ダイエットなど、さまざまなジャンルの記事を公開している、ぽここここ子さんが運営しているブログです。
こちらのブログには、《納豆が食べられなければドーナツを食べればいいじゃない? せんだい屋のなっとうドーナツはめちゃくちゃ美味しいぞ!!》という記事が公開されていました。

この記事には、納豆食べ放題サービスがある飲食店[納豆工房せんだい屋]のオリジナル商品“べいくどなっとうドーナツ”が取り上げられています。
納豆が入ったドーナツは、どんな味がするのか気になりますね。

ぽここここ子さんによると、このドーナツはノンフライで、生地に納豆がミックスされているにもかかわらず、納豆の味がしないのが特徴とのこと。
そのため、身体に優しく、納豆が苦手な方も食べやすいそうです。
しかも、何種類かの味があるそうで、ぽここここ子さんは、紅茶と抹茶あずき、チョコの3つを購入。
記事には、3種類のドーナツそれぞれの特徴と味の感想とともに、美味しく食べるためのポイントや購入方法もまとめられているので、興味がある方は本文にアクセスしてみてくださいね。
べいくどなっとうドーナツは、納豆好きの方はもちろんのこと、そうでない方も食べたくなる商品かもしれませんよ。

【参照元】
http://mojyotame.com/sendaiya02/



(12)ずんだ茶寮の「ずんだショコラリング 」をレビューするよ!


仙台駅、徒歩15分
杜の都仙台を代表する郷土菓子といえば、枝豆の餡(ずんだ)でお餅を包んだずんだ餅が有名。
しかし、最近ではさまざまなずんだ系スウィーツが登場しており、仙台土産として人気を博しています。
こちらの記事《仙台駅のお土産1★ずんだ茶寮の「ずんだショコラリング 」をレビューするよ!》に登場する焼き菓子もその1つ。

『仙台駅、徒歩15分。』というブログに、仙台のお土産やグルメ、イベント情報の記事を執筆しているぴたこさんによると、ずんだ茶寮が販売している“ずんだショコラリング”は、バームクーヘンをホワイトチョコとずんだでコーティングしたお菓子で、しっとりとした食感が特徴なのだそうです。
また、ずんだの風味はあまり感じられないものの、誰にでも好まれるような優しい味で、個別包装になっているため、お土産にピッタリなのだとか。

和菓子よりも洋菓子のほうが好きな介護士さんは、ぜひ仙台旅行の折りには、自分用や職場へのお土産として注目してみてはいかがでしょう。
3週間ほど日持ちがするそうなので、長旅のときでも安心して買うことができますよ。

【参照元】
https://sendai15m.info/post-1372/



(13)【金沢】甘納豆 かわむら&ノマノマ


豆なブログ
豆・豆料理探検家兼、豆料理アドバイザーとして活躍する五木のどかさんのブログ『豆なブログ』には、枝豆をはじめとするさまざまな豆が登場します。
豆そのものや豆の加工食品、豆料理のレシピなどが発信されており、豆好きな方もそうでない方も十分な見応えを感じられるでしょう!

そんな豆の魅力にどっぷりと浸れる記事の中からピックアップしたのが、《【金沢】甘納豆 かわむら&ノマノマ》です。
ここでは、五木さんが旅行先の金沢で訪れたという、[甘納豆かわむら]と[ノマノマ]について書かれていましたよ。

たとえば、甘納豆かわむらで購入したお菓子の1つ“まめ日記”は、大納言小豆・ひよこ豆・雪てぼう・大正金時、4種類の甘納豆が詰め込まれている商品とのことです。
シロップがしっかりと染み込んでいる一方、豆の形も保たれている丁寧な作りで、五木さんはリピートするほど気に入っているそう。
また、シンプルに整えられたパッケージは大人可愛い雰囲気で、そこも見逃せないポイントとなっているようです♪

記事ではそのほか、甘納豆かわむらのオリジナリティあふれる羊羹や、ノマノマで購入した最中の感想なども綴られていたので、最後まで目を通してみてくださいね。

【参照元】
https://mame-lab.jp/kawamura_nomanoma/



「介護福祉士の資格を活かしてお仕事したい」とお考えの方は、きらケアにご相談ください。きらケアは、介護系専門の就職・転職支援サービスです。豊富な求人をご用意しておりますので、あなたにピッタリのお仕事がきっと見つかるはず。きらケアを利用して、もっと輝いてみませんか?
https://job.kiracare.jp/feature/qf14/

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧