普通のカフェじゃもの足りない介護士さんにおすすめしたい!コンセプトカフェ特集

エンタメ 2020/06/29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top
「新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。
またお出かけの際は、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。」

「普通とはちょっと違うカフェに出かけたい」という介護士さんに向けて、今回はコンセプトカフェを特集しましょう!コンセプトカフェには、動物と触れ合えたり、アニメや絵本の世界観を満喫できたり、身体が癒やされたりと、さまざまなものが存在します。まずは、ここで取り上げている記事を読んで疑似体験した後、実際に気になるお店に訪れてみてはいかがでしょうか♪

※尚、記載中の内容は、各ブロガーさんが執筆したときの情報になります。

(1)【スターリーカフェ】プラネタリウムのメニュー&上映内容


スターリーカフェ
連日、多くの利用客が往来する羽田空港の国際線ターミナルに、プラネタリウムカフェがあるのをご存知でしょうか。
そこで、「搭乗を待つ間に行ってみたい」「飛行機には乗らないけど、空港で過ごすのが好き」という介護士さんへ、《【スターリーカフェ】羽田空港国際線ターミナルにあるプラネタリウムのメニュー&上映内容》という記事を紹介します。

筆者のdokikoさんが訪れたのは、羽田空港国際線ターミナルの5階にある“プラネタリウム スターリーカフェ”。
記事によると、プラネタリウム スターリーカフェには、プラネタリウムと通常のカフェがあり、プラネタリウム席を利用する際は、入場料とワンドリンクオーダーが必要とのことです。

この日dokikoさんが見た演目は、[ムーミン谷のオーロラ]で、予想していた内容ではなかったものの、童心にかえるほど楽しめたそうですよ。
ちなみに、何が上映されるかはタイムテーブルで確認することができるので、事前にチェックするといいかもしれませんね。
食事もプラネタリウムも同時に楽しみたい方は、記事を参考にして足を運んでみてはいかがでしょう?

上記の記事は、『ワクドキ東京!』というブログで掲載中。
おいしいものや旅が好きというdokikoさんが、東京をはじめ、国内外のグルメ、おすすめアイテム、旅の情報を発信しているので、隅々まで読んでみてください♪

【参照元】
【スターリーカフェ】羽田空港国際線ターミナルにあるプラネタリウムのメニュー&上映内容 | ワクドキ東京!


\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)



(2)川越 檜香る足湯カフェでティータイム『足湯喫茶 椿や』


足湯喫茶
温泉好きの介護士さんは、こちらの記事《川越 檜香る足湯カフェでティータイム『足湯喫茶 椿や』》に注目してください!

ここで紹介されているのは、埼玉県川越市にある“足湯喫茶 椿や”という足湯カフェ。
こちらのカフェには、なんと足湯を楽しむ傍らでドリンクや甘味をいただける、なんとも温泉好きにはたまらないセットプランがあるようです。
それも、風情のある庭園を眺めつつ、ゆったりしっとりとした時間を過ごすことができるため、筆者である川越のオバちゃんさんも大満足したとのこと!
訪れたこの日は、[檜足湯]に入ったそうですが、ほどよい湯加減と、湯船に浮かべてあった檜の玉からほんのり檜の香りがしてリラックスできたと言います。
特に、肌寒い季節には、ありがたいサービスではないでしょうか。

記事には、ティータイムの様子やセットメニューの詳細、お店の情報などについても記載されています。
興味がある方は、ぜひ記事で詳細をチェックしてみてくださいね。

上記の記事以外にも、ブログ『川越のオバちゃんと行く川越散歩』には、川越市のイベントやグルメ、観光など耳寄り情報が盛りだくさん!
これらの記事も、併せて読んでみてはいかがでしょう。

【参照元】
川越 檜香る足湯カフェでティータイム『足湯喫茶 椿や』 | 川越のオバちゃんと行く川越散歩


(3)「ハンモックカフェ」ハンモックをユラユラするのが癒され楽しい


ハンモックカフェ
栃木県那須高原には[フィンランドの森]という小さなテーマパークがあり、その中にもゆったりと過ごせるコンセプトカフェがあるようです。
『週末何してあそ部?』を運営している吉田さんが、《那須でおススメのレストラン「ハンモックカフェ」大人から赤ちゃんまでハンモックをユラユラするのが癒され楽しい》という記事の中で、そのカフェについて紹介してくれていました!

記事のタイトルにも登場する“ハンモックカフェ”は、その名の通り、店内にハンモックが吊り下げられているカフェです。
大人も子どもも、ハンモックにゆらゆらと揺られながら食事ができるとのことで、特に子ども連れのファミリーにおすすめなのだとか。
なんでも、吉田さんが訪れたとき、3人目のお子さんがちょうどお昼寝タイムに入ったものの、ハンモックがあったために抱っこしてあやさずに済んだと言います。
また、テラス席にもハンモックが準備されており、外の空気を楽しみながらハンモックに揺られてのんびりすることもできるそうですよ♪

記事には、そんな気になるハンモックカフェの店内の様子をはじめ、メニューや注文方法などの詳細がまとめられています。
フィンランドの森を訪れる機会がある介護士さんは、ぜひ本文に目を通したうえで、こちらのカフェにも立ち寄り、のんびりとハンモックに揺られる時間を過ごしてみては?

【参照元】
那須でおススメのレストラン「ハンモックカフェ」大人から赤ちゃんまでハンモックをユラユラするのが癒され楽しい | 週末何してあそ部?


(4)絵描きのオフ会で表参道にある『文房具カフェ』に行ってみた


文房具カフェ
イラスト関係のコンテンツが充実しているブログ『レッツトライ!しもしも』の運営者しもしもさんは、「絵描きにとって夢のような空間が広がっているカフェへ訪れた」と語っています。

そのカフェとは、表参道にお店を構える“文房具カフェ”。
店内へ入ると、たくさんの文房具が揃えられている光景が目に飛び込んできて、しもしもさんはかなりテンションが上がったそうです。
そのときの様子が、こちらの記事《絵描きのオフ会で表参道にある『文房具カフェ』に行ってみた》に綴られていました。

驚いたことに、店内には淡い色から濃い色までの色とりどりのカラーマーカー[コピック]が取り揃えられており、そのほかの画材の品揃えのよさにも大興奮!
着席したテーブルの上には、塗り絵ができるランチョンマットが敷かれていたとのことです。
店内の文房具で思いっきり塗り絵を楽しんだり、ランチョンマットの裏にイラストを描いて仲間と交換したり、有意義な時間を過ごせたようですよ♪
また、ケチャップでお絵描きできるメニューも用意されており、絵を描くことが好きな方にとっては、それもまた醍醐味なのかもしれませんね。

こちらの文房具カフェの全容については、記事中のレポートにてご確認ください。
そして、気になる方は実際に足を運んでみてはいかがでしょうか。

【参照元】
絵描きのオフ会で表参道にある『文房具カフェ』に行ってみた | レッツトライ!しもしも


(5)サザエさんカフェ『リアン・ドゥ・サザエさん』レビュー!


サザエさんカフェ
子育てにまつわる情報を中心に発信しているブログ『みーママの子育てお助けblog』は、2児のお子さんを持つみーさんが運営しています。
娯楽に収納、料理・お弁当など、さまざまな角度から子育てに関するヒントが得られるので、子育て中の方はぜひ時間を見つけて覗いてみてはいかがでしょうか。

その中から今回取り上げたのが、こちら《サザエさんカフェ『リアン・ドゥ・サザエさん』レビュー!アートラテがかわいい!メニューや割引情報もご紹介!》です。
記事には、誰もが一度は見たことがあるだろうアニメ、[サザエさん]をコンセプトにしたカフェが紹介されています。
この“リアン・ドゥ・サザエさん”は、世田谷区桜新町のサザエさん通りにあり、お店の前まで行くとサザエさんが出迎えてくれるとのこと♪
また、店内はオシャレな雰囲気とサザエさんが絶妙にマッチし、サザエさん好きにはたまらない空間になっているようです。

もちろん、メニューもサザエさん一色!
サザエさん一家のシルエットが描かれたマシュマロの乗ったチョコサンデーやラテ、たまドーナツ、アートカフェラテといったさまざまなメニューがある中、特に注目すべきはサザエさん焼きだと言います。
味によって、サザエさんやたま、波平さんなど形が異なり、みーさんは小倉あんが入ったサザエさん焼きがお気に入りだそうですよ。

記事には、このほかお得な情報やお店の情報などが詳しくまとめられているので、気になった方はお見逃しなく!

【参照元】
サザエさんカフェ『リアン・ドゥ・サザエさん』レビュー!アートラテがかわいい!メニューや割引情報もご紹介! | みーママの子育てお助けblog


(6)ガンダムカフェに行ってきてハロール食べたので写真載せます♡


ガンダムカフェ
機動戦士ガンダムは、幅広い世代に愛されるアニメ作品。
東京と大阪にはその世界観を満喫できるカフェがあり、ファンにとって聖地のような存在になっています。
ブログ『ばっくぱっくのなかみはいちごだけ』を運営しているかえでさんも、機動戦士ガンダムに魅了された1人で、“ガンダムカフェ”に行くのが夢だったとのこと。
そのため、仕事を頑張った自分へのご褒美として、東京都千代田区のガンダムカフェに出かけ、そこで見て、食べて、楽しんだ経験を《秋葉原にあるガンダムカフェに行ってきてハロール食べたので写真載せます♡》という記事に綴られていました!

かえでさんによると、ガンダムカフェの店内には、大型のガンダムフィギュアや名シーンを描いたイラストが展示されており、どこを見てもテンションが上がるような空間だったそうです。
また、カフェのメニューも斬新で、かえでさんがオーダーしたロールケーキは、作中に登場する小型ロボットのハロの姿を再現していたのだとか。
しかも、見た目はもちろん、味も申し分なく、すべてにおいてファンの心をつかむ工夫がされていたといいます。

上記の記事には、そんなガンダムカフェの様子をとらえた写真も多数添付されているので、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。
作品を少しでも知っている人なら、ファンでなくても興味をそそられるかもしれませんよ。

【参照元】
秋葉原にあるガンダムカフェに行ってきてハロール食べたので写真載せます♡ | ばっくぱっくのなかみはいちごだけ


(7)「ペンネンネネム」で、ぐりとぐらのパンケーキを食べよう


絵本カフェ
『シーアブックス』というブログに掲載されている、《絵本カフェ「ペンネンネネム」で、ぐりとぐらのパンケーキを食べよう|大阪・梅田》という記事は、カフェ好きな方はもちろん、絵本好きの介護士さんにもたまらない内容となっていますよ!

筆者のシーアさんが訪れたのは、大阪市北区の梅田にある絵本カフェ“ペンネンネネム”です。
記事によると、店内は懐かしい絵本から新しい絵本まで、たくさんの絵本が所狭しと並べられており、まるで絵本の世界に迷い込んだような空間が広がっているのだとか。
2つしかないテーブル席はそれぞれテーマやコンセプトが異なり、この日シーアさんが案内されたのは、子どもに大人気の絵本[おさるのジョージ]がコンセプトになっている席だったようです。
こじんまりとしたお店なだけに個室ではないものの、座席ごとに空間が仕切られているため、絵本の世界観だけでなく、プライベート感も充分味わえると言います。

そして、こちらのお店で提供されるメニューも、[はらぺこあおむし]や[スイミー]といった有名絵本がモチーフとなったもの。
「どれも食べたい!」という気持ちを抑えて、シーアさんが頼んだホットケーキは、うれしくなるほどに[ぐりとぐら]の世界観が忠実に再現されていたそうですよ♪

ちなみに、ペンネンネネムは人気店のため、入店システムとしてチケットの配布と、座席入れ替え制を導入しているとのことです。
「絵本の世界観を感じてみたい」「可愛いものに囲まれたい」という方は、訪れる前の参考として、本文の熟読をおすすめします。

【参照元】
絵本カフェ「ペンネンネネム」で、ぐりとぐらのパンケーキを食べよう|大阪・梅田 | シーアブックス


(8)保護猫カフェ「にゃんこメリー」へ行ってきた【高知県日高村】


保護猫カフェ
四国の魅力やコアな情報が盛り込まれている、こちらの『ええやん!四国』からは、《保護猫カフェ「にゃんこメリー」へ行ってきた【高知県日高村】》という記事をピックアップしてみました!

今回、筆者が訪れたのは、高知県にある保護猫カフェの“にゃんこメリー”。
こちらのお店は、里親と保護猫のマッチング場としての役割を果たしている一方で、猫好きの方が集える癒やしの場でもあるようです。
カフェ内には2つの部屋があり、実際に猫たちと触れ合える部屋と、猫たちを眺めつつ軽食がとれる部屋があるのだとか。
筆者はさっそく60分のコースを選択し、触れ合いスペースに入ってみると、どの子も自ら近寄ってくるほど人懐っこく元気で、あまりの可愛さに帰る頃には名残惜しい気持ちになったと語っています。
猫好きの方にはたまらない、リピート必須のカフェではないでしょうか?

さらに記事には、その猫たちが愛らしく戯れる様子を写した画像も掲載。
どんなカフェなのか全容を知りたい方は、ぜひ本文内で確認してみてくださいね。
こちらの保護猫カフェに訪れることで、日頃の疲れも吹き飛び、癒やされること間違いありませんよ!

【参照元】
保護猫カフェ「にゃんこメリー」へ行ってきた【高知県日高村】 | ええやん!四国


(9)『Mipig Cafe(マイピッグカフェ)』は触れあえちゃう


マイピッグカフェ
日本各地には、犬や猫をはじめ、うさぎ、ハリネズミなど、さまざまな動物と触れ合えるアニマルカフェが点在します。
その中でも、特に珍しいアニマルカフェが、世界最小サイズのブタであるマイクロブタと触れ合える“Mipig Cafe”でしょう!

このMipig Cafeに訪れたというのが、『Spielen』の運営者erinaさんとお子さんたち。
なんでも、erinaさんたちが訪れたときは、平日ながらもすでに満席状態だったようで、その人気ぶりが窺えます。

流れとしては、スタッフから事前に説明を受け、予約した時間になったら、いよいよマイクロブタとご対面♪
フロアをマイクロブタが歩く姿が可愛らしく、ついそばまで行きたくなりますが、Mipig Cafeではマイクロブタに負担をかけないよう、自分のそばまで来てくれるのを待っていなければならないとのことです。
また、erinaさんは口コミを見て「ブタと触れ合えないのではないか」と不安を抱えていたそうですが、実際にはスタッフが誘導して連れてきてくれたため、erinaさんもお子さんたちもたくさんマイクロブタと触れ合うことができ、大満足の時間を過ごせたと言います。

実際の様子は、《日本初の『Mipig Cafe(マイピッグカフェ)』は猫カフェより触れあえちゃう。》という記事に、詳しくレポートされていますよ。
興味を惹かれた方は、ぜひ本文を熟読してみてくださいね。

【参照元】
日本初の『Mipig Cafe(マイピッグカフェ)』は猫カフェより触れあえちゃう。 | Spielen


(10)フクロウ、ハリネズミと触れ合える【MOFF】へ行ってきた


フクロウ
『まささんの○○ブログ』は、リアル脱出ゲームや参加型ゲーム、パズルゲームなどの情報を発信するブログです。
運営者であるまささんが体験したリアルな声が記されているので、気になる介護士さんは一読してみるといいでしょう。

数ある記事の中から今回ピックアップするのは、《【MOFF】フクロウ、ハリネズミと触れ合えるカフェへ行ってきました【幕張】》です。
記事によると、“MOFF animal cafe”は、フクロウやインコといった鳥類、爬虫類、小動物と触れ合えるアニマルカフェで、全国展開しているのだとか。
そこで、前からフクロウと触れ合ってみたいと思っていたまささんは、その願いを実現するべく、MOFF animal cafeへ足を運ぶことにしたと言います。

お店で出会ったフクロウたちはどの子も大人しく、そして可愛くも凛々しい姿につまでも眺めていられると感じたそう♪
また、手荒なことをしなければ実際にフクロウに触ることもでき、その際には驚かさないよう、ゆっくり背中を撫でてあげるといいとのことです。

そうして、まささんはフクロウたちと触れ合った後、ウサギやオカメインコなどさまざまな動物と触れ合い、癒やしの時間を十分に満喫したと感想を述べています。

なお、店内での様子やMOFF animal cafeの詳細については、写真付きでまとめられていました。
くまなくチェックすることで、アニマルカフェのイメージがつきやすくなること間違いなしですよ!

【参照元】
【MOFF】フクロウ、ハリネズミと触れ合えるカフェへ行ってきました【幕張】 | まささんの○○ブログ


「新しい業界で自分の可能性を試してみたい」と、介護職に関し興味を抱いたとしても、1人で行動するには不安もつきまとうでしょう。
そのような方におすすめなのがきらケアです。1人1人丁寧に就活アドバイザーがヒアリング。就活を始める前に疑問点を解決することができ、安心です。また、勤務開始後にも定期的な連絡があるので、介護のお仕事が初めての方にも心強いですね。
サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご登録ください。
https://job.kiracare.jp/

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧