オフを利用して旅に出たい介護士さんへ!国内旅行の参考になる記事まとめ

お出かけ 2020/03/04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top
※尚、こちらの記事はPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事になります。

(1)鬼怒川温泉にて鬼怒楯岩大吊橋、展望台、SLの転車台を観光


一人旅2_1
『コタローノート』を運営する梅澤浩太郎さんは、記事《鬼怒川温泉にて鬼怒楯岩大吊橋、展望台、SLの転車台を観光》の中で、栃木県の鬼怒川温泉を訪れたときの様子を紹介してくれていましたよ!その日は、鬼怒楯岩大吊橋や楯岩展望台、SLの転車台を観光したのだとか。自然を満喫し、迫力ある光景を目にすることでき、かなり大満足した1日となったようです。観光地の詳細な情報については、記事で確認してみてくださいね。

【参照元】
https://kotaro-note.com/kinugawa/



\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)




(2)寝台特急サンライズ瀬戸に初乗車!浜松駅~高松駅間レポート


あさひん日記
『あさひん日記』を運営する旭さんは、“ワクワクする気持ち”を大切にしている女性。日本各地を旅したり、新しい体験を楽しんだりされています。《寝台特急サンライズ瀬戸に初乗車!浜松駅~高松駅間レポート》では、はじめて寝台特急を利用したときの心境やその時の様子が綴られています。乗り物酔いしてしまうというハプニングに見舞われながらも、思い出に残る貴重な体験ができたようですよ。車内の様子や安全面などについて知りたい方は、ぜひ記事をチェックしてみてくださいね。

【参照元】
https://asahi-7.hateblo.jp/entry/sunrise-express



(3)【2020年最新】コスタネオロマンチカ料金まとめ・実際の支払い明細も公開


一人旅2_3
『はたのブログ』を運営するはたさんは、2019年の夏休みに、ファミリーでコスタネオロマンチカクルーズを楽しまれました。その時の様子について綴られているのが《【2020年最新】コスタネオロマンチカ料金まとめ・実際の支払い明細も公開》の記事です。驚くのはその料金。大人2人、こども1人で3泊4日の船の旅を満喫したにも関わらず、10万円ほどの予算で収まったそうです。記事には、2020年に予定されているコースが紹介されていますが、新コロナウイルスの影響で一部変更が出ることも考えられます。旅行を検討される方は、公式サイトで状況を確認されてください。

【参照元】
https://tech-swing.net/cruise/costa-cruises/costa-neoromantica/



(4)六郷のカマクラ行事「竹打ち祭り」へ


一人旅2_4
「北国で開催される熱いお祭りを見てみたい」という介護士さんは《六郷のカマクラ行事「竹打ち祭り」へ》の記事を読んで見られてはいかがでしょう?北軍・南軍に分かれた人々が、長い竹で打ち合う様はまるで戦のよう。会場に立ち込める大きな炎にも目を奪われます。記事には、アクセス情報や宿探しのコツなども記されているので、ぜひご確認を。『お祭り評論家 山本哲也公式ブログ 面白人生研究所』にはまだまだたくさんのお祭り情報が掲載されているので、併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】
https://www.yamamototetsuya.com/blog/archives/4809



(5)[ブ]2016年05月12日-熱海と箱根の旅-その34


一人旅2_5
『日刊!Sara-net -サラネット-』の管理人さんは、カメラをはじめとするガジェットや飲料、お菓子などのカテゴリを中心に記事を執筆されています。その中には、旅行に関する記事も。《[ブ]2016年05月12日-熱海と箱根の旅-その34》には、熱海や箱根の自然あふれる風景を切り取った写真が数多く掲載されていますよ。都会での生活にちょっと疲れてしまったときは、一人でぷらっとお出かけしてみるのもいいかもしれませんね。気持ちのリフレッシュが図れますよ。

【参照元】
https://www.sara-net.jp/?p=1039798



(6)オッサンだけでレンタカーで南九州旅行に行ってきた。高千穂編。


一人旅2_6
『よしおの日記』の管理人を務める田中良夫さんは、旅行で高千穂を訪れたときの様子を《オッサンだけでレンタカーで南九州旅行に行ってきた。高千穂編。》に綴っています。まず訪れたのは高千穂峡。断崖の絶景をボートの上から楽しむことができる人気のスポットです。真名井の滝の水しぶきがたまらなく気持ちよかったそうですよ。その後に紹介されている“あまてらす鉄道”もぜひ押さえておきたいスポット。詳しくは、記事で確認してみてくださいね。

【参照元】
http://tanakayoshio.com/blog-entry-148.html



(7)香川の父母ヶ浜でウユニ塩湖の”天空の鏡”を体験したよ!


一人旅2_7
『旅+(たびプラス)』を運営する森コウさんは、香川県のインスタ映えするスポットを紹介してくれていましたよ!そのスポットは、[日本のウユニ塩湖]と話題になっている“父母ヶ浜”。こちらの《香川の父母ヶ浜でウユニ塩湖の”天空の鏡”を体験したよ!》には、ステキな写真を撮るべく試行錯誤した様子や、撮影に必要なアイテムなどが記載されているので参考までに。こうした目的でお出かけするのも楽しそうですね♪

【参照元】
http://agepan-simple.com/2019/06/03/kagawa-uyuni/



(8)やんばる天然ビーチで遊ぶ(その2)!今帰仁村の与那嶺ビーチとサンゴ礁の海


一人旅2_8
沖縄県名護市にお住まいのご夫婦が運営している『Yanbaru Colos』からは、磯遊びにピッタリのビーチについて書かれた記事《やんばる天然ビーチで遊ぶ(その2)!今帰仁村の与那嶺ビーチとサンゴ礁の海》を紹介します。この記事で取り上げられているビーチはサンゴ礁に囲まれた浅瀬になっており、ルリスズメダイやヒトデ、なまこなど、さまざまな海の生き物を観察するのに最適なのだとか。また、小潮で適度に潮が満ちているときにはシュノーケリングも楽しめるそうなので、マリンレジャーに目がない介護士さんにはぜひ旅先の候補として、注目してみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://yanbarucolors.com/2018/07/20/yanbaru-nakijin-yonamine-beach/



(9)霧島市の涼スポット【台明寺渓谷公園】


一人旅2_9
夏の鹿児島を旅するときに訪れてみたいひんやりスポットを紹介してくれるのは、ブログ『鹿児島グルメ食べ歩き&おすすめスポット』を運営しているアッコさん。《霧島市の涼スポット【台明寺渓谷公園】》という記事に、天然の石畳を利用した水辺の公園を紹介されています。この記事で取り上げられている“台明寺渓谷公園”は、霧島市街地から5Kmほどの場所にあり、子どもの遊び場におすすめなのだとか。また、周囲には緑も多く、自然との触れ合いも楽しめるので、家族連れでのプチ旅行にも良さそうですよ♪興味のある介護士さんは、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

【参照元】
http://kago.info/archives/19446652.html



(10)鎌倉〜稲村ヶ崎へ


一人旅2_10
電車旅に憧れを抱いている介護士さんは、ブログ『iの一期一会』の中の《鎌倉〜稲村ヶ崎へ》という記事に注目してみてはいかがでしょう?ここには筆者のiさんが、鎌倉駅から江ノ電の1日乗車券を利用して、稲村ヶ崎温泉までを旅したときの様子が綴られています。iさん曰く、江ノ電のルートはどこを切り取っても絵になり、1日乗車券だと気楽に乗り降りできるので、観光におすすめなのだとか。車のように渋滞に巻き込まれる心配もないので、一人旅はもちろんのこと、グループ旅行にも良さそうですよ。

【参照元】
http://iixxx.hatenablog.com/entry/2019/08/09/180000



(11)富山の旅 雨晴海岸に行きましたの巻 道の駅、べるもんた、義経岩など 2019.11.3その2


一人旅2_11
大伴家持や松尾芭蕉などの歌人が立ち寄ったといわれる絶景について書かれている記事を見つけました。こちらの《富山の旅 雨晴海岸に行きましたの巻 道の駅、べるもんた、義経岩など 2019.11.3その2》です。ブログ『TAX AND THE SAKE』を運営する綾野真紀さんは、富山県を旅したときに、万葉集に登場する“雨晴海岸”を訪れたそうで、そこで目にした景色や道の駅のことを紹介されています。SNS映えしそうな場所に行ってみたい介護士さんは必見ですよ!ぜひ本文をくまなくチェックして、詳細をリサーチしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://www.mko216.com/toyama-4/



(12)天国に近い島、久米島「はての浜」へのアクセス


一人旅2_12
白い砂浜とエメラルドグリーンの海が広がる“はての浜”は、久米島を代表する人気スポット。ブログ『のんびり沖縄離島一人旅』を運営しているmimozaさんは、この地を訪れたことがあるそうで、《天国に近い島、久米島「はての浜」へのアクセス》という記事に、そのときのエピソードをまとめられています。この記事を読むと、はての浜へのアクセス方法はもちろんのこと、その魅力や準備するべき持ち物、気をつけるべきポイントなどを知ることができますよ。「ベタな観光地じゃ満足できない」という介護士さんは、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

【参照元】
http://urizunnet.com/31/221/.html



(13)24時間弾丸旭川一人旅③当麻鍾乳洞に行ってきた


一人旅2_13
『さわログ』を運営しているささがわさんが紹介してくれるのは、メジャーではないものの、童心に返って観光を楽しめるスポット。こちらの《24時間弾丸旭川一人旅③当麻鍾乳洞に行ってきた。》という記事に、北海道旭川を旅した際に立ち寄った“当麻鍾乳洞”のことを記されています。当麻鍾乳洞は、1億5千万年前の地下水の溶触作用が作り上げた石灰洞窟で、全長135mもあるのだとか。暑い夏でもひんやりとしていて、冒険心を掻き立ててくれるそうですよ♪自然と触れ合う旅を計画したい介護士さんは、ぜひプランの参考にしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
https://sawashinchannel.com/trip-hokkaido-tomashonyudo



せっかくとった介護福祉士の資格をもっと有効に活かしたい!と思うのなら、きらケアに登録してみませんか?豊富な求人情報を用意していますので、あなたの持っている介護福祉士の資格が活かせる職場がきっとみつかりますよ。きらケアのサービスは無料ですので、お気軽にご利用ください。
https://job.kiracare.jp/feature/qf14/

関連ジャンル: お出かけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お出かけ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧