育児中の介護士さんが思わず「あるある!」と言いたくなる!?子育ての参考になるブログ特集

エンタメ 2020/01/17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top
子育ては山あり谷ありで、一筋縄ではいかないことも少なくありません。そこで、今回は子育てに励む介護士さんの強い味方になってくれそうな、子育てに関する記事を投稿しているブログを集めてみました。実際にブログへ足を運んでみることで、「あるある」と頷きたくなる記事と出会えるかもしれませんよ♪

(1)家中に貼られないため、貼る場所を1ヶ所に決めています


パパパンダの
「子どもがおとなしくしていると思って油断していたら、テーブルに大量のシールが…!」
なんてエピソードをお持ちのママさんは、少なくないはず。
子どもは本当にシールが大好きで、本人はいたずらしている気持ちなどさらさらなく、ただただ夢中で家中にペタペタとシールを貼っていきます。
しかし、ママさんにとってしてみれば「楽しく遊んでくれるのはいいけど、家中シールだらけになるのは避けたい」というのが本音ではないでしょうか?

そんなママさんにおすすめなのが、《子供はシール貼りが大好き。家のあちらこちらに貼られないため、貼る場所を1ヶ所に決めています。》です。
執筆したのは、『パパンダの年子育児ライフ』を運営しているパパンダさん。
パパンダさんのご家庭では、カラーボックスの壁をシールの貼り場所として指定しているそうです。
おかげでカラーボックスの壁は、シールでいっぱいに!
可愛いシールたちが、所狭しと並んでいます。

小さなお子さんでも、ちゃんとルールを理解し、指定の場所にシールを貼っているとのこと。
ときにはルール違反をしてしまうこともあるようですが、それも子育てあるあるですよね。

家のどこかにシールOKの場所を作ってあげたら、子どもたちはのびのびとシール遊びができるかもしれません。
ママさんも、子どもたちのシール遊びを優しい眼差しで見守れるようになるはずですよ♪

【参照元】
https://www.papanda-life.com/entry/si-ruhari



\ 介護のお仕事探しを支援するサービス /
まずは気軽に相談してみる(無料)



(2)テレビ台から子供の頭を守ろう!コーナーガードでカドを丸くする


アンパパブログ
システムエンジニアのアンパパさんが、仕事や子育て、趣味などさまざまなジャンルの記事を綴っている『アンパパブログ』
さまざまな角度から、アンパパさんの日常を垣間見ることができるブログです。

こちらの記事《テレビ台から子供の頭を守ろう!コーナーガードで四角いカドを丸くする。》では、よちよち歩きの愛娘さんの安全面に配慮したエピソードについて触れられています。
アンパパさんの家にあるテレビ台は、カドが四角いタイプのもの。
お子さんが近づく度に、「転倒して、カドに頭をぶつけてしまったらどうしよう…」とヒヤヒヤしていたと言います。

そこで購入したのが、コーナーガードです。
装着には少々手間取ったものの、クッションの効いたコーナーガードのおかげで、ヒヤヒヤ感はだいぶ軽減できたとのこと。
心にゆとりを持って子育てするためにも、できるところからリスク回避の対策をとっておきたいですよね。

備えあれば憂いなし!
せっかくの機会ですし、ヘルパーさんのご自宅にも危険な場所がないか、今一度確認してみてはいかがでしょう?
記事内では、そのほかの安全対策も紹介されているので、併せて参考にしてみてくださいね。

【参照元】
https://entrepapa.com/tv-racks/



(3)狭い玄関での『靴の砂』の悩み、安価に迅速に解決できます


ともばたけ
外で元気いっぱいに遊んできた子どもたちのお土産は、砂だらけの靴。
玄関掃除をしたばかりのときに、砂だらけの靴で「ただいまー!」と言われると、ちょっぴりテンションが下がってしまいますよね。

「子どもたちに外で遊ぶなとは言えないし、でも、掃除は大変だし…。この砂問題をどうにかして解消したい!」と思った方は、《困った〜! 狭い玄関での『靴の砂』の悩み、安価に迅速に解決できます。子育て中の方、必見です!!》に目を通してみることをおすすめします。

記事の執筆者である『ともばたけ』のぽにさんは、子ども靴の砂問題に一石を投じるべく、あるアイテムを用意しました。
それは、紙袋とマスキングテープ。
靴箱の裏側に、マスキングテープで紙袋を貼り付ければ、あっという間に砂落としスペースの完成です☆

お子さんが保育園から帰宅する度に、靴に付いた砂を袋に入れ、砂が溜まってきたらゴミ箱にポイ!
たったこれだけのことで、玄関掃除がかなり楽になったそうですよ♪
皆さんのご家庭でも、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

上記の記事以外にも、ブログには子育てや時短家事についての記事がたくさんまとめられているので、そちらにも注目してみてくださいね。

【参照元】
https://tomobatake.com/suna-suna/



(4)【実録】イヤイヤ期、こうして乗り越えました


今よりちょっと
子どもの成長とともに訪れる、イヤイヤ期。
あっちでもこっちでも、何をしてても「いや!」と言われるのは、たとえ可愛い我が子であっても耐えられないことの方が多いのではないでしょうか?
そんなときはあらかじめ対策を考え、子どもの「いや!」に対して頑張りすぎないことが大切です。

そこで、『子育て雑記ブログmamablo』を運営するびす子さんが実際に行っていたという対策を見てみましょう。
その該当記事が、《【実録】イヤイヤ期、こうして乗り越えました》
本文では、[子どもへの対処編][自分のメンタル編]の2項目に分けて紹介されています。

たとえば、子どもへの対処編で1つ目に挙げられているのが、ぬいぐるみを使うこと。
ぬいぐるみになりきって子どもに話しかけることにより、子どもの気持ちが一瞬切り替わり、なおかつ親も状況を客観視できるのだと言います。
びす子さんのお子さんは、この方法で泣き止み、話を聞いてくれることが多かったそうですよ。

ちなみに、どれを試しても効果がない場合の最終手段も講じられていたので、イヤイヤ期の対応に困っている方は熟読してみてくださいね。

ブログには、このほかにも子育てに役立つ情報がたっぷり。
子育て真っ只中の介護士さんは、今後の更新もお見逃しなく!

【参照元】
https://mamablo23.com/iyaiya-ki/



(5)子どもの成長・子育てについて考える⑥子どものわがまま改善偏


コッキーの
『コッキーの太陽光ブログ』では、管理人のコッキーさんが、ビジネスや投資、子育てなどさまざまな情報を発信中。
その中に、大変興味深い記事があったので紹介します。
それがこちら、《子どもの成長・子育てについて考える⑥~子どものわがまま改善偏~》

なんでも、コッキーさん宅では、お子さんの反抗的な態度に頭を抱えていた時期があったとのことです。
たとえば、お子さんが言うことを聞かなかったり、暴れたり、大声を出したり、わがままを言ったり…。
そんな状況を打破すべく講じた対策が、テレビ・ゲーム・スマホ禁止令でした。

最初は、テレビや動画が見れなくなったことで退屈そうにしていた子どもたちでしたが、徐々に変化が見られるようになります。
それまでは見向きもしなかったおもちゃで遊ぶようになり、外で遊ぶようになり、さらには勉強もするようになったのだとか。
家族での会話も増え、いいことずくめだったそうですよ!

メディアとの接触時間を減らすだけで、こんなにもうれしい変化が起きるなんて驚きですね。
なお、コッキーさんは、自身もメディアとの接触時間を減らしていると言います。
親も一緒に取り組むことによって、家族の絆もより深まっていくことでしょう。

詳細を知りたい方は、記事へとアクセスすることで素敵な情報を得られるはずですよ。

【参照元】
https://www.kokeey.work/entry/2019/09/24/023113



(6)男の子の洋服の悩み!


トリあたま絵日記
「男の子の洋服は、女の子よりも悩まない」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

『トリあたま絵日記』の管理人である鳥頭ゆばさんもその1人で、今まで娘さんの洋服のこだわり具合に悩んでいた時期があった分、息子さんが生まれた際に「楽で済むのはよかった」と感じたそう。
しかし、少し成長した息子さんをいざ着替えさせようとしたところ、鳥頭さんの思いとは裏腹な出来事が起こってしまいます。

その出来事が書かれているのが、こちら《男の子の洋服の悩み!》です。
なんでも、息子さんは新幹線の洋服が好みのようで、着たくないものは「ブブー!」と言って拒否してしまうのだとか。
そのため、たとえ寒い日であっても息子さんがそのこだわりを折ることはなく、トップスから靴にいたるまで、全身に新幹線のイラストが載ったコーディネートになっていると言います。

親にとってしてみれば、お子さんの体調が悪くならないように、季節や気温に応じた洋服を着せたいもの。
しかし、このようにこだわりがあるうちは、長い目で見る必要があるのかもしれませんね。

ブログにはこのほか、子育てや仕事、体験記などに関する記事がたっぷり詰まっています。
鳥頭さんの描くほんわかしたイラストが彩りを添えるノンフィクションの数々、ぜひ注目してみてください♪

【参照元】
http://sugomori-yuba.blog.jp/archives/33854892.html



(7)子育てのイライラが止まらないで限界がきた時の私の解消法


にゃにたん
保育士免許や幼稚園教諭免許第一種をお持ちのにゃにたんさん。
保育園や託児所での勤務経験を活かし、現在は子育て支援アドバイザーとして活躍中です。

そんな子育てのプロであるにゃにたんさんが運営する『にゃにたんの子育て支援ブログ☆』には、ママさんにぜひ読んでもらいたい記事が満載☆
これから紹介する《子育てのイライラが止まらないで限界がきた時の私の解消法》も、その1つです。

子育てに精通したにゃにたんさんであっても、我が子との関わり合いの中でイライラしたり、疲れを感じてしまったりすることがあるのだとか。
そんなときは周りの人に話を聞いてもらい、つらい気持ちを吐き出すようにしていると言います。
そして、心が軽くなったら、「私は子どもの話にしっかりと耳を傾けることができる」と自分自身に言い聞かせているとのことです。

また、意識して自分自身を褒めることもあるというにゃにたんさん。
それがたとえ自己満足なものであったとしても、自分にマルをつけてあげるだけで、イライラした気持ちが吹き飛んでいくそうです。
子育てが上手くいかずに落ち込んでいるときこそ、いつも頑張っている自分を認めてあげられるようになるといいですね。

【参照元】
https://nyanitan.com/kosodate-jibunwohomeru/



(8)子どもの看病で落ち込むこと


うちのヒフミヨ
『うちのヒフミヨ!4人育児はエンターテインメント』を運営するMOTOKOさんは、4人のお子さんを持つママさん。
長年子育てに奔走しているMOTOKOさんですが、お子さんが風邪を引く度に、自身の不甲斐なさを感じて落ち込んでしまうことがあるのだと言います。
その理由は、風邪を引いたとき、普段以上に優しくしてくれる母親のイメージとは対象的に、長引く看病や仕事を上手く進められないイライラが態度に出てしまうから。

そこでMOTOKOさんは、優しい母親のイメージを払拭したうえで、自分らしくお子さんに優しくなれるような対策を取ることを考えました。
その方法として、普段は制限している動画を思いっきり見ながら休んでもらったり、ご飯を作るときは家族全員お粥にして、手間を最小限に抑えたりなどが挙げられています。

自分の頭の中にある優しい母親のイメージを無理に追いかけていては、いつか息切れしてしまうことも出てくるでしょう。
そうならないためにも、MOTOKOさんのように、自分でできる範囲の対策を取ることが大切といえそうですね。

このことは、《子どもの看病で落ち込むこと》の中で語られているので、お子さんが風邪を引いたとき、「ついイライラしてしまう…」というママさんヘルパーは熟読してみてはいかがでしょうか。

なお、ブログには今回ピックアップした記事以外にも、ご家族の日常を綴った記事がアップされています。
記事毎に微笑ましい4コマが添えられているので、こちらも忘れずにチェックしてみてください♪

【参照元】
http://www.kame6.com/archives/21022861.html



(9)だいじょーぶ、と唱える


ハナペコブログ
『ハナペコブログ』を運営しているのは、3人のお子さんを育てるハナペコさん。
子どもたちの日常の様子を可愛いイラスト付きで紹介している記事は、どれも癒やされるものばかりです。
休み時間やちょっとした空き時間に、ついついチェックしたくなるブログですよ♪

《だいじょーぶ、と唱える》には、次男のシュンくんと、末っ子のヒーちゃんが登場。
この日、2人はぬりえを楽しんでいましたが、ヒーちゃんは思うように色を塗ることができずにイライラしはじめ、ついにはご機嫌ななめモードに突入してしまいます。

そんな、ヒーちゃんを励ましてくれたのは、お兄ちゃんのシュンくん。
優しい口調で、何度も何度も「だいじょうぶ」と言い続けてあげていたそうです。
お兄ちゃんの励ましのおかげで機嫌がなおったヒーちゃんはぬりえを再開し、最終的には無事に完成させることができました。
妹想いのシュンくんが唱えた「だいじょうぶ」に、大きな愛を感じますね♡

大変なことの多い子育てですが、このような微笑ましいシーンに立ち会えるのはママならではの特権といえるでしょう。
このほかの記事もチェックして、子育ての喜びを改めて感じてみてくださいね。

【参照元】
http://hana-peco.blog.jp/archives/30823462.html



介護や福祉のお仕事に興味のある方は、きらケアにご相談ください。あなたにピッタリの求人をご紹介します。
きらケアは、介護系専門の就職・転職支援サービスです。経験豊富なアドバイザーが、マンツーマンであなたをサポート。未経験可や無資格OKの求人も豊富にあるので、業界未経験の方もピッタリのお仕事がきっと見つかります。
面接の日程や条件交渉など、事業所とのやり取りはアドバイザーが代行するのもメリットの一つ。働きながらでも、効率的に転職先を探せます。
あなたらしく輝ける介護のお仕事探しは、きらケアで!
https://job.kiracare.jp/

関連ジャンル: エンタメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エンタメ」の人気記事一覧

「総合」の人気記事一覧