特集気になる条件で介護派遣求人を探す
派遣の介護派遣求人

派遣求人を紹介してもらう(無料)

きらケアの生活相談員/派遣求人をご紹介!!

サービスを利用される方と、そのご家族を包括的に支援するお仕事

生活相談員の仕事は、入居者さまを取り巻く問題の解決を図ることです。行政やケアマネジャーと連携し、入居者さま、もしくはご家族と面談します。責任感が強い方、人と接することが好きな方、聞き上手な方などに向いています。ご家族も含めたメンタルケアは、今後少子高齢社会でますますニーズが高まるでしょう。きらケア介護派遣では、生活相談員の求人を多数取り扱っています。介護業界専門のコンサルタントが、アナタの希望に合った求人を紹介し、採用後までサポートします。就活の悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

都道府県で派遣の介護派遣求人を絞り込む

関東

人気の派遣の介護派遣求人ページ

派遣の介護派遣求人の特徴

さまざまな介護施設で活躍できる職種。各種サービスとご利用者をつなぐ役割として活躍しています

2000年の介護保険法の制定とともに誕生した「生活相談員」は、サービス利用者が必要としている介護サービスを適切に受けることができるよう、問題解決を目的とした、さまざまな相談にのる立場を担っています。事業所とご利用者、ご家族や介護職員をつなぐ事を目的に、連絡や調整役として活躍できるので、様々な価値観に触れる機会のある職種。業務については法令上の具体的な規定は無いため、幅広い業務に携わることが可能です。活躍の場も特別養護老人ホームをはじめ、有料老人ホームやデイサービスなど多岐にわたり、配置基準が制定されているので、自身の希望する施設形態の派遣先が見つかりやすい職種と言えるでしょう。

外部機関と連携しながら問題を解決。所属施設の窓口として活躍できる職種です

生活相談員は、ご利用者やご家族が適切な介護サービスを受けられるように相談に乗り、関係機関と連携を取りながら問題を解決することを主な業務としています。介護保険法では、「ご利用者・ご家族の処遇上の相談やレクリエーション等の計画、始動・市町村との連携、ボランティアの指導」が業務と定められていますが、実際には派遣先の施設形態や規模、掲げる介護方針によって業務内容に差異が出ることもあるようです。ただ、共通しているのは「外部機関との窓口」であること。苦情やご意見の受付窓口としての役割を担うことが一般的です。

配置基準が制定されているので、希望に合わせた様々な施設形態での活躍が可能です。

生活相談員が活躍できる場は多く、デイサービスやショートステイの在宅施設や介護老人保健施設、特別養護老人ホームなどの入居施設、病院やクリニックまで多岐にわたります。自身の経歴や将来を見据え、希望に合わせた派遣先を選ぶことができますね。また、介護老人保健施設では生活相談員の配置基準が制定されており、特別養護老人ホーム・介護老人保健施設においては100対1、デイサービスでは1施設に1名が必須。いずれも常勤配置となります。ほとんどの施設では生活相談員としての業務以外に、介護職や事務業との兼務を行う場合が多いようです。

社会福祉士や介護福祉士など、介護現場の理解を必要とする職種。自治体によって資格要件が異なります

生活相談員として勤務するには、決まった一つの資格ではなく、複数ある資格・条件を満たす必要があります。まず、国が定めるものとして、社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用資格のうちのどれかが必要です。上記の資格を持っていなくても、自治体によっては介護支援専門員や介護福祉士、老人福祉施設の施設長経験者、一定期間以上の介護職経験を有する方などが、生活相談員として認められる場合もあります。派遣先によって、必要となる資格はさまざまですが、いずれも介護の現場を理解し、経験していることが大切になってくるでしょう。

まだまだあります!おすすめの介護派遣求人特集